« エイトリアンカップ初参戦。(当日編) | トップページ | RECAROの嫁ぎ先を探しております。 »

2007/01/18

珍しく仕事の話。

昨日まで、珍しい仕事だったので、
記念に。

昔から(それこそ僕の小さな頃から)付き合いのある重量運搬業者さんのお手伝いで、
コロ曳きの仕事をしてきました。

(コロ曳き=エジプトピラミッドの石を運搬したあの方法です。)

いや、別にコロ曳きが珍しいわけでなくですね、
問題なのが、その重量。

重量…120t!!

つまりですね、先日のエイトリアンカップでTC2000に集結した
RX-8全部位の重量なわけですよ。

これを20mくらい北へ、その後20mくらい西へ引っ張るわけです。

まずジャッキアップから…。
これがまた半端ない…。

電動の油圧ジャッキを使っても、
(このジャッキがまた重いんだ…。約40キロくらい…。)
4時間かけてようやくコロを下に敷くことができ、
その後、いよいよコロ曳き開始です。

ま、そんな重量に耐える道を作らなくてはならないので、
その道になる鋼材もまた半端ない量なわけです…。
順次道をH鋼材で作っていきながら、ゆったりゆったりと移動させ、
ようやく昨日の夕方に移動完了でした。

しかし、ここの業者さん、今ではもう慣れてしまいましたが…、
昔からの親方さんなので、角材などが、すべて寸尺呼びでございます。
これが昔はなかなか頭に入らなかった…。
いきなり「おい!3寸角持ってきてくれ」ですからねぇ…。
これもまたこの仕事の面白いところ。

仕事の関係上…写真はNGでしたが…。
大きさ…2m×8m 高さ4m程度の四角いものをご想像くださいませ…。
それが120t…っていったいどんな質量なんだか…、しかし…。

しかし、こう考えると…、古代エジプト人は、頭がほんとに良いですよねぇ…。
しかも当時はジャッキも、ウインチもなかったというのに…。
あんな石を運搬して、積み上げちゃうんだからなぁ…。

ということで、「疲れた」よりは、「珍しいので楽しかった」仕事でした。
(こんな考え方が珍しい??)

|

« エイトリアンカップ初参戦。(当日編) | トップページ | RECAROの嫁ぎ先を探しております。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127504/4978217

この記事へのトラックバック一覧です: 珍しく仕事の話。:

« エイトリアンカップ初参戦。(当日編) | トップページ | RECAROの嫁ぎ先を探しております。 »