« 2/12チームクレバーレーシング走行会。 | トップページ | バレンタイン・デー。 »

2007/02/13

おいらのセッティング論理。(自我流)

ちょっといろいろ昔からセッティング関係にも興味を持ってやってたんで、
いろんな意味での、「走行によるセッティングの持論」を
ここいらで書いてみようかと思いました。

ただ、おそらくあくまで「おいらの持論」なので、
相違点が多いかも知れません。
あまり真に受けないようにお願いいたします。
(そんなにブレる人はいないだろうが…。)

このところ6年間で、結構車両のセットの趣向はかなり変わってきてます。
ということで、昔のお話。
そして、今感じること。

分けて書いてみようかと…。

1 昔の好み

昔は、やんちゃだった時期(?)もあったんで、
「なにかあっても回避できるコントロール」をメインに車のセットを考えてました。
これは今とは真逆の考え方なんですが…。

セットの方向性としては、
「比較的、リアのスライドが早めに訪れる車体」
を第一に考えて、ある意味、「ピーキー」な車体を「押さえ込む」車両を好んでました。
が、肝心のサーキットに持ち込むと、このセットだと、
なかなかいいタイムが出ない…。
ここが今の考え方に至った経緯かも知れません。

ただ1点…。
上のこのセット。
楽しいんだよね…。
ついつい…、遊びに行ってしまう…。

そういう意味では、いろいろ勉強させてもらった、
FCは今でもほんとに欲しい車体のひとつです…。
あれはいじりやすいしね…。
あんま壊れないしね…。
遊び車としては、最高な1台と今も思ってます。

2 最近の好み

最近は、「ある特定の場所でのタイム」を追求したいんで、
その意味でいろいろ考えてみると、
ちょっと人と変わった考え方なのかもですが、
「アンダーが強い傾向の車」が好みになってます。

この持論、何で出てきたかなんですが…。
「クイッ」と旋回を開始できる車は、乗ってて楽そうな印象を持ちやすいんですが、
これはこれで、結構立ち上がりの際に気を使いがちになってしまうと思うんです…。
「それをまたコントロールするのも楽しいじゃん」というのもあるかもですが…。
それのせいで美味しいところを常に綱渡りするような感じが
今は嫌いなのかも知れません…。
(まず第一に、仕事でも使ってる車、というだけに綱渡りをしたくないんですな…。)

それよりは、「楽に」そして「特定コースにおいては安全率が高い」
方がと自分で向いているんではないかと認識してます。
それが結果として、「アンダーな車両」が好きになっているのかもです。

「アンダーの車両」を「アンダーを消す」走行で補えれば…、
おのずと楽に、自然に操れるんではないか…、と…。
ゆくゆくはタイムにもつながっていくんではないか…。と。

その反面、突然のアクシデントを回避することが
ちょっと難しそうな車両ではあるので、
マージンを求めて、(完全なるクリアを見計らって)
走行することも必要なんですが…。

こんな形を求めた車と今はなりつつあります。
その分、楽しくない車両なのかも知れませんが…。

「速い」ももちろん大事ですが、「上手」をまず第一に考えたいな…、と…。
「あいつは速いよね」ともちろん言ってもらいたいですが、
「あいつ、上手だよね、運転」と言ってもらえるように、
頑張っていきたいな、と思ってます。
その結果、「速いよね」もついてきてくれれば、なお良しです。

これからも精進していきます。

|

« 2/12チームクレバーレーシング走行会。 | トップページ | バレンタイン・デー。 »

コメント

彗星(?)さん、運転上手いです。
基本的に自分が運転席にいないと安心できない性格の私ですが、彗星(?)さんの助手席はとてもリラックスできた記憶があります。

え? 街乗りの話じゃない?
こりゃまた失礼しました・・・

投稿: さわじぃ | 2007/02/13 15:42

ども、ありがとうございますです。

別にサーキットレベルでの「上手」に限らず、
町乗りでの落ち着き、安定を出す事も、立派にサーキットレベルへフィードバックできる重要なポイントと思ってますんで…、うれしい限りでございます。

まじめなお話ですが、
トラックを転がす事が多くなってから、
一般道での安定のとり方、
さらには視点、視野の置き方なんかが改善できたのは
確かにあります。
特にダンプなんかだと、バネがもともと積載重量にあわせた
つくりなんで、普通に運転する限りでは、ギクシャクして仕方がない動きをするんですね。
視野もちょっと変化を持たせた形で見ていかないと、
苦労するばかりで…。
このあたり、たとえば車両の落ち着かせる方法を会得すると、
たとえばサーキットレベルだと縁石の乗り方ひとつでもショックを軽減できることも可能かも、と考えたりもします。

視野の取り方は、もちろんスペースを見出す事に役に経っているとも考えてます。

いずれ街中での安定走行の自分なりの手順、注意点なんかも書いてみようかな?

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/02/13 16:20

そうですね、自分も概ね、共感します。
RX-8は、ホイールベースが長めな割りに、限界付近でのコントロール性が神経質なように思います。
FDもピーキーでしたが、コントロールに対しての反応が自然でしたので、扱いやすかったです。
8は、コーナリング限界が7より高い(と思う)ことと、車重、そしてエンジンのトルクが少ないことで、その辺の難しさが出ているのかな? と思っています。

8はクイックな操縦性にするより、少ないパワー&トルクをムダにしないよう、コーナー後半に重点を置いたセッティングがいいのではないかと思います。

投稿: Den8 | 2007/02/13 19:22

>Den8さん
7に乗ったことがないので分からないのですが、遙か昔のFR乗り(ハチロクですが)の意見としては、限界付近の挙動は穏やかな気がします。
たぶんロングホイールベースのおかげだと思いますね。

ただ、流れた直後がちょっと扱いにくい気がします・・・が、あとは慣れかな、と。
この「慣れ」は長期間乗ることではなくて、高頻度乗ることで解決できるような気がしています。
(っていうか、それってコントロール性が神経質ってことか?)

投稿: かねぴー | 2007/02/13 19:38

>Den8さん かねぴーさん。

僕の印象では、リアのすべり出しが結構唐突な印象です。
@8が7に比べて。
純正の動きが、「フロントが異様に限界が高い」と言うより、
「リアが比較的落ち着きがない」と言う印象で、
それからがスタートになってます。

FRの挙動って、結構難しいですよね。
何種類も「識別」があるようで…。
僕のなかでは、8の挙動は、
純正…トラクションを真に受けすぎな印象。
(=すべる時は勢い良く滑り始める)
理想…リアがフロントを押し出す動き
(これを目指している)
と考えてます。

僕が思うに、DSC ONでもやたら良いタイムを出す方々は、
この意味での、「トラクション」の逃げ場を作るのが上手なんではないか?と…。
=だからこそ、速い。

それも確かに上手、速い要因ですけど、
僕はそこでなくて、「進入が上手」からの動きをまず習得したいと考えてます…。
いずれ立ち上がり方向での技術ももっと考えなければいけないでしょうけど…。

ただ、僕が思っていることで、
「すべるなら前輪がまず滑り出す」事がすべての車輌なら、
タイトコーナーはともかく、
TCで言えば最終コーナーなんかはほんと攻め込み易いと思います…。
(ん?臆病なだけ…?
いやいや…サーキットアタッカーは臆病なくらいがちょうど良い…はず…。)

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/02/13 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127504/5323251

この記事へのトラックバック一覧です: おいらのセッティング論理。(自我流):

« 2/12チームクレバーレーシング走行会。 | トップページ | バレンタイン・デー。 »