« SUGO 耐寒180min参戦記(ただしピットクルー…。)その2 | トップページ | 3/24 TC2000 Y4走行 »

2007/03/22

やっべぇ~…。

Ts340031_1 …。

土曜走行するのに…、パーツ間に合うんだろうか…。(泣)
今日チェックしてよかった…。

|

« SUGO 耐寒180min参戦記(ただしピットクルー…。)その2 | トップページ | 3/24 TC2000 Y4走行 »

コメント

パーツなんてすぐに届きますよ。
ひょっとして自分で交換ですか?

投稿: かねぴー | 2007/03/22 12:54

あ!ピットクルー発見!!(笑)
明日夕方からよろしく!

というのは冗談で…、
今日夕方からディーラーでオイル交換だったんです…。
さすがに今からはパーツは届かないだろうなぁ…。

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/03/22 12:58

ダストブーツは埃よけだから、現状で内部のOリングからオイル漏れしてなければ、ブレーキが利かなくなることはないです。
部品が間に合わなければ、走ってから交換してもいいと思いますよ。どうせ、Oリングとダストブーツはセットなので同時に交換するはずだから。

投稿: らんまん | 2007/03/22 19:50

いや、この「埃よけ」なのが問題なんですよ…。

ダストはパッドを変更した時点ですでに相当の量なので、
それがピストンに付着してしまえば、当然シールに食い込むはずで…、それで結果ピストンを傷つけてしまえば、OHですまなくなってしまうもんで…。
(過去に1度経験してるんで…、こりごりです。もう。)

というか、今回困っていたのは、
もともと4月にはOHを行う予定だったのに(自分で)
それを待たずにディーラーで行ってもらうことになってしまったこと…。(工賃が…、飛んでゆく…。)

ま、時間的に厳しかったため、やむなくディーラーにお願いすることにしました…。
明日、完了予定です。

(あぁ…、自分でOHしたかった…。)

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/03/22 21:57

そんなことがあったんですね。ピストンにまで差し障るとは思いませんでした。ただ、OHはディーラの保障付きがいいと思いますよ。

投稿: らんまん | 2007/03/25 14:46

らんまんさん
自分の車は自分で整備するのが基本ですよ。
自分の車を整備できない人までが車に乗るような時代になり、
整備を代行業者に委託する人の方が圧倒的に増えてしまったために忘れられかけていますが。

何よりも、プライベートで作業されている方々は、メンテナンス作業自体も趣味にしていて楽しんでいますから。これが車乗りの本来の姿だと私は思っています。
それなりに勉強が必要なことも付け加えておきます。

投稿: PD | 2007/03/25 17:30

ん?プライベーターを否定する気はまったくありませんので
始めに書いておきます。

しかし、重要保安部品のみならず、安易なDIYは超危険ですので
自分で整備するのがクルマ乗りの本来の姿、という意見には強い抵抗を感じます。

ゼロかイチかの話にするならば
クルマ乗りはクルマをいじってはいけない。
とまで言い切っても良いと考えています。

投稿: エイトリアン | 2007/03/25 19:24

まず、僕自身も、なるべく可能な限り、自分のできる作業に関しては自分で行う身、という事を挙げた上で、お話しますね。

「自分の車を自分で整備する」というご意見ですが、
これはあくまで「一般的」(とどこまで言って良いのか分からずですが…。)の範囲のものと思っております。
「自分で整備する」事は、自分の可能な範囲で(しっかりと自身を持てる範囲内で)作業を行う事と考えます。

これを安易に推奨する(自分でなるべく整備するよう薦める)
事は僕も正直否定的です。

しっかりと自身を持って作業を出来る、ならば問題ないとは考えておりますが。

「走行前点検」などは、確かに義務付けられているはず(法令的にそうだったかは正直覚えていませんが…。)ですが、
これはあくまで「保安部品」で無い部分だと思います。

また、ご自分でメンテナンス作業を行う場合などは、その後にしっかりと整備を受ける必要もあります。

その意味では、こちらで「メンテナンス」をご紹介しているのも「あくまで、御自分の責任の上」の作業としてご紹介していることを了解していただきたく思います。
(これは今後とも項目の最初に付け加えるようにいたします。)

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/03/25 20:29

>自分の車は自分で整備するのが基本ですよ。
マッドマックスぅな世界ですぅ。4作目が作られるそうな。(?)

投稿: jaway | 2007/03/25 21:54

そーですねぇ。自分で自信もって出来るのは、タイヤローテーションとエアエレメント交換、エンジンオイルの交換、ブレーキPADの交換、エア抜きまでかなぁ。
8の時はプラグ交換もやってたけど、NCはダイレクトイグニッションで線が切れる事があるらしくて、Dに頼むつもりです。
メーカ保障を考えると自分では触らないほうがいい場合も多いと思います。

投稿: らんまん | 2007/03/25 23:01

線が切れる → 線が細くて切れる

投稿: らんまん | 2007/03/25 23:03

誤解があったかもしれません。
車を所持している人、全員が整備作業を行うことを推奨しているわけではありません。どのような作業でも知識が必要ですので。機構の構造から、油脂類の選択や後処理、色々なことを知った上で作業する必要があります。
自分で作業するにあたり気を付けて欲しいのは、作業中も作業後も、体も車も安全である必要があります。安全に関して自信も責任も持てないのであれば作業はおこなうべきではありません。
自分の場合ですと、ディーラーに部品を手配するときに、必ず整備解説書を見せてもらいます。必要があればそのコピーをもらい、事前に作業のチェックと段取りを考えます。不足な油脂類や工具も揃えてから作業に取りかかります。作業後の走行チェックも念入りにおこないます。一週間後点検も必ずおこないます。
いつでも、どんな作業でも自分で行うというわけではありませんが、整備後の点検に関しては整備を依頼しても自分で行っても同様に念入りにおこないます。サーキット走行を予定しているときは、必ず一週間以上前に作業を完了させ、走行前日には必ず安全性に関わるポイントは点検しますし、走行後にも必ず点検します。安全を維持することが最も重要なことですから。

最後になりますが、Pで作業することは否定されるべきことではありません。本当に否定されるものなら、ディーラーでは部品を売ってはくれないでしょうし、整備解説書も見せてはくれないはずです。基本姿勢として自分の車を自分で整備することが合法なことだからそうしてくれるわけです。
何度もこのことを書きますが、”安全が維持されることが重要なこと”であり、作業を誰が行うかではありません。

投稿: PD | 2007/03/25 23:17

自信が無い場合にはDIY整備はやるべきではないでしょうね。
この点には同意します。

ただ、クルマの整備については運転する人が行うことが基本的な考え方だと思っています。
現状の法環境では、重要保安部品の整備を行った場合には整備士のチェックが必要だったはず。
それを省略するかどうかが、この議論の焦点だと思います。
普通の整備工場でも、免許を持たない人が作業を行いチェックを免許保持者が行う、ということになっているはずです。

あと、整備を行う(=構造を理解する)ことによって、それがドライビングに反映される、セッティング能力に反映されるということはあると思います。
なので、自分で整備を行うことはメリットも多いはずです。
(が、私はセッティング能力は無さそうだwwww)

投稿: かねぴー | 2007/03/27 08:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127504/5774355

この記事へのトラックバック一覧です: やっべぇ~…。:

« SUGO 耐寒180min参戦記(ただしピットクルー…。)その2 | トップページ | 3/24 TC2000 Y4走行 »