« この週末の工作。 | トップページ | SUGO 耐寒180min参戦記(ただしピットクルー…。)その2 »

2007/03/19

SUGO 耐寒180min参戦記(ただしピットクルー…。)その1

SUGOへ週末行ってきました。

SUGO 耐寒180min参戦の知らせから、ピットクルー要員として、
お声がかかり、作業要員として1泊2日で菅生へ行ってまいりました。

事の発端は、さわじぃさんからブレーキフルードを譲って頂いた時にさかのぼります。

SUGOの耐久に参戦予定だ、との情報から、
ピット要員で来てくれない?との事。

当初は宿代のみで、行き帰りは同乗をすれば余裕なので、
簡単にOKを出したわけですが、
実は結構TCアタッカーの奥様方も仲が良いので、
そこから話が広がり、
「家族旅行」という分類で「表向き牛タン味わいツアー」として
家族も参加することになりました。

事前よりいろいろと必要部品などをチェックし、
その為にサインボードを作成し、
自分のLEVEL MAXも万が一用で外してストックとして準備。
いよいよ今週末だな。というときに…。

前日に日帰りでの名古屋仕事…。
おかげで2日で1000キロ移動をする羽目に…。

土曜日

前日が名古屋から帰宅したため、朝から荷物を入れ替えて、
いざ、かみさんのベリーサで出発。
荷物も各種ストック品も積み込みなので、結構な量です…。
パッド2セット、クラッチ1セット。工具一式、ケーブルドラム、インパクト、キャンバー。
すでに時刻は7:00過ぎ。
荷物がガタゴト音をたててます…。

首都高は混んでるので(土曜だから平日よりはましとしても)
たらたらと進みながらも、
たかだか350キロの道程、当然ノンストップで到着して
(またしても良く家族は休憩も取らないまま乗ってられるもんだ…。)
さわじぃさん、かねぴーさんと11:30には合流。

やはり普段居ない場所で、気心の知れた方と顔をあわせることが出来るのは、
気が楽になりますな。

ほっとして、いざ前日走行(僕は走れません…。)のSUGOへ。

寒!!
もともと寒さには強いはずだが、それでもなかなか耐え難いクラスの寒さなり…。

とそんな文句を言ってる場合でもないので、
僕は前日走行の周回を利用して、ブレーキパッドの残量計算に注目しました。

具合としては、
① 走行前の残量をチェック
② 走行後の残量をチェック

することによって、当日予定周回数から、
パッドが間に合うかを確認したかったわけです。
なんといっても、1Hの連続走行。
諸所に負担がかかるわけで、しかも遠征なので、
なるべく一番負担がかかりそうな部分のチェックはしておきたかったのであります。

と、ここでトラブル。
パッド残量のチェックを終えた頃、
あたり一面急激な雪でSUGOのグリーンが真っ白に…。
Ts340030_1
をいをい…。
このままのペースで降り続けてしまうと、走行どころか宿まで帰れないかも…、ってクラスです…。

ブリーフィングを終えた二人も、目が点状態…。
が、この後30分もしないうちにすっかり晴れ渡り、コースもドライに。

注 山の天候は変わりやすいです。あわてず、準備は万端に…。

今回、前日のお二人の走行は、「レース」でのエントリー。
走行台数はなんと3.7キロのコースで7台!

これは僕もエントリーしておけばよかった…。
が、そんな泣き言も言ってられないので、
明日のために、いろいろと走行中のチェックを行います。

① サインボードの視認性チェック
② 携帯電話の通話チェック
③ お二方のラップのチェック(これ一番大事。)

主にこの3点を見てましたが、
とにかく…、さみぃ…。

サインエリアで、当日のピット周辺まで行ってボード提示やら、
ストップウォッチ計測、携帯での連絡など「ぽつん…」と一人で行ってましたが…、
東北の北風は半端なもんではございません…。

凍えて、感触のなくなった手でストップウォッチを押す。
すると…、かねぴーさん 1’45台の表示。
さわじぃさん 1’44秒台の表示が。(予選中)
これは感触よさそうです。

改めて感じることだが、初見のクローズドコースで、
3~4周である程度の領域へ踏み込める、というのはすばらしいことですな。
おいらにとってここは本当に課題です。

その後、走行後のパッド残量をチェックして、
さわじぃさんのパッド残は問題なしと判断の上、片付けを行い、いざ宿へ。

その後、牛タンを満喫して、宿で就寝。
が、結局おいらは0時過ぎくらいまで、呑んでました…。
(寝不足続いてるのに…。)

翌日は早いぞな。
大丈夫なのか?

|

« この週末の工作。 | トップページ | SUGO 耐寒180min参戦記(ただしピットクルー…。)その2 »

コメント

きましたね、参戦記。
しかし、本当にお疲れさまでした。
彗星さんのサポートのおかげで安心して走行できました。
2日目のレポートも楽しみにしています。

投稿: かねぴー | 2007/03/20 11:29

コメントはやっ!(笑)

ほんとにお疲れ様でした。
たいしたサポートも正直できなかった感も強くて、
なんだかただ付いていっただけな感じでした…。

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/03/20 11:35

あや?途中で送信しちまった…。

という事で次回もあるなら、もっとしっかりサポートできるように努力します。

(というよりドライバーとしてお声をかけられるように結果出さないと…。)

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/03/20 11:36

まずは、優勝おめでとうございました!
ホント、大したものです!!
ドライバーのウデも大切な要素ですが…レース、特に耐久レースとなるとピットクルーの技量が大きく関係してくるのではないでしょうか…彗星さん、お疲れさまでした!
レポートの続きも楽しみにしております。

投稿: yu-pa | 2007/03/20 13:03

ほいじゃ次回はキャリアカーをお願いします(笑

投稿: かねぴー | 2007/03/20 15:09

>yu-paさん。
いや…、ピットクルーといっても、スタートしちまえばやることあんまないんで…、何も僕はレース結果には貢献しておりません。(泣)

>かねぴーさん。
しゃあない…大型牽引取るか…。
は冗談にしても、大型は今年あたり取ろうと画策しております。
もちろん一発試験でですが…。
(毎日のように乗ってる4t車とほとんど変わらないしね。教習車両。)
ほんとに必要な場合は、キャリアも考えましょう。<結構本気。

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/03/20 15:32

本当にサポートありがとうございました。え~、ピットクルーとしてどう?というのは90%くらい冗談のつもりだったのですが・・・予想外に話がトントン拍子に進んでビックリしてました。。。

キャリアカーまで出していただいた日には、お礼はビール1年分ですかね。(ただし私の1年分w=彗星さんの2週間分?)

でも、あの雪は本当に衝撃的な絵でした。。。

投稿: さわじぃ | 2007/03/20 17:41

3台積みだったら牽引無しでOKじゃないすか?
クラス2位の1919軍団は積載で来ていたみたいですが、たしか牽引じゃなかったと思いますよ。
50kmくらいだったら私も運転しますよ。

投稿: かねぴー | 2007/03/20 20:15

>さわじぃさん。

お疲れ様でした。
え…、半分以上冗談からのスタートだったの…?
最初から行く気マンマンでした(笑)

あの雪にはホントに驚かされましたな…。

>かねぴーさん。

確かに、牽引の必要は無いですよね。
ただ…、ナンバー車輌で、積載、と言うのが果たして意味があるのか…?
道中が雪道なら確かに必要ですけど、
それでもねぇ…。

そうそう、1チーム、ユニック(クレーンだけのね)
で積載の車輌がありましたけど、一体どうやっておろすのかな?と思ってたら、単管パイプで治具を作って、それで吊ってたみたいですね。

ただ、パイプが持つのかどうか??ですが。
あれにはびっくりしました。

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/03/21 06:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127504/5745478

この記事へのトラックバック一覧です: SUGO 耐寒180min参戦記(ただしピットクルー…。)その1:

« この週末の工作。 | トップページ | SUGO 耐寒180min参戦記(ただしピットクルー…。)その2 »