« 「8月5日はエイト祭!エイトリアンカップ・ミニ&RX-8「エイトの日」ファミリーミーティング」スタッフ視点レポート(前日まで編) | トップページ | MSCT岡山への準備開始! »

2007/08/10

「8月5日はエイト祭!エイトリアンカップ・ミニ&RX-8「エイトの日」ファミリーミーティング」スタッフ視点レポート(当日編)

さて当日。

これがまたすごいいろいろと大変だった記憶もありながら…、
やはり終わってみるとイベント、というのは楽しい感想になってしまうもので…。

また長文になってしまいますが、お読みいただければ幸いです。

起床

4:00に起床。

睡眠時間は2Hちょっと、というところでしょうか?
体の疲れもなかなか取れない上、昨晩の食事が少なかったこともあり、
若干だるさが残ってます…。
こんなことならしっかり食事取れば良かった…。

早速4:30前には、RTE R-3のメンバー様がモナークへ到着。
かなりの大所帯です。
早速、エイトリアンさんと寝起きで少し話をして聞いてみると、
やはりほとんど寝れなかったそうだ…。

お互い…、無理しちゃいましたな…。(泣)

で、早速モナーク内で早朝の伝達など、軽いミーティングを行う。
エイトリアンさんからは、各ポジションの伝達、役割、注意事項の説明。
で、その後自己紹介中、僕の方から、
朝から受付開始までの残務設備作業を軽く説明させてもらいます。

実は結構残務は残ってました…。
が、この人数…、大丈夫だと信じて、頭の中で当日の人員割りを考えます。
自己紹介に関しては…、正直初対面の方もいたのですが、
なんとも頼りになりそうで、本当に感謝でした。

これだけの人員を集め、みんな協力してくれるエイトリアンさん…。
すばらしい人脈だ…。

5:00

TC1000内へ入る。
ひとまず、車両を各自邪魔にならない場所へ停めた上、
残務作業を行う。

残務作業は以下の通り。
ステージの旗、タイトルなどの貼り付け
カラーコーンによる歩行路、車道の設営
走行会スペースの駐車スペースライン施工
キッズルームの設営
ショップブース(ピット内)への割り当て、及び椅子 テーブル出し
日よけスペースのシート敷設

とまぁ数え上げればきりが無いくらいいろいろなもんで…、
とりあえずライン施工は昨日からお願いしているKONさんにすべてを任せ、
僕は4t車をひたすら転がしまわし、各所の設営の指示を出したり、
物品を運搬したり、動き回ります。

P1050249 ライン施工の光景
本当においら何も言うこと無かったです…。

画像提供 DEEPさん。

皆様…、おいらは車で動いているのに
歩き回らせてしまって大変申し訳ございませんでした…。
正直皆様非常に勝手がわかっていて、
あれよあれよという間に各ポジションに適正な人数で作業にあたっていただけて、
見る見るうちに会場が出来てきます。

おいら要らないんでは…?
ちょっと寂しい感じ…。

6:00

走行会の受付開始。
すでに会場が出来てきたので、比較的スムーズに入ってきます。
この時間はまだそこそこの気温。
すでにおたZさんと、みゅうさんは公道側、ゲート側で待機となっております。
(すでにこの時間から…。)

実際に8が進入してきて、ようやく本日の動線の状態を実感でき、
ちょっとばかりの歩行者路の修正をかけて、僕も少しばかり誘導を手伝いながら、
次に入ってくるショップさんの入場の段取りを考えます…。

まま、動線は成功している感じ。
が、これはまだ走行会の車両だけが入場しているから…。
まだまだ気を抜けません。

6:30

実際にはこの前の時刻からでしたが、
ショップさんの入場が開始。

とここで大きな痛いミス…。
TC1000のピットをショップさん用に区分していたんですが、
今までスタッフ全員は、ピット数を「1~11番」までの
11台分あると思っていたんであります。
で、1台分(11番ピット)は予備で、10社のショップさんに来ていただくと。

が!
なんとTC1000のピット、「4番」がありません…。
不吉な数字をこんなところでも省いていたとは…。
あぶないあぶない…。
予備のピットがあって…、よかった…。
その旨を4番以降のピットを使用するショップさんに伝達しながら、
なんとか事なきを得ますが…、
誠に申し訳ございませんでした。

今回お集まりいただいたショップ様。(順不同)
RE雨宮様
プロスタッフ Rマジック様
オートエクゼ様
スーパーオートバックス 千葉長沼店様
オーバードライブ様
ディーテクニック様
ナイトスポーツ様
パンスピード様
LEG モータースポーツ様
レボリューション様

と早々たるロータリーショップ チューナー様が勢ぞろいでございます。
…。
これ全部エイトリアンさんが集めました…。
すげぇな・・・おい…。

と言っている暇もなく、
僕はローダー(デモカー運搬用)なども多いので、
その誘導に。
みゅうさんが一人たたずんでゲートで入場待ちをしておりました。
そこに那由他さんも現れ、すかさずフォロー。
この配慮…、侮れませんな。
いや…、こうでなくてはいけません…。

実際そこそこ忙しいので、どうしても声をかけてあげる事が少なくなるのですが、
それでも、一人で担当している場所に関しては、時折話を無線機越しでもしてあげないと、
やはりやる気もうせてしまうでしょうし、何よりこの暑さ…。
本当に誘導の方々にはお世話になりました。

8:00

いよいよミーティング枠も入場開始。
この時間からあわただしくなるはずで、
僕も動線で一番混みあうであろう走行会と一般入場の合流地点で様子を見る。

が、最初、ミーティングの方々が比較的団体で来ないので、助かりました。
が、これはあくまで走行会がスタートしていないからこそ。
走行会が始まれば、午前中は15分おきに走行会車両とミーティング車両が
合流地点へごった返す事になるのがわかっているので、気を抜けません。

この位置に付いていただいたのは、らんまんさんと、まる元さん。
お二人とも、前日の設営も手伝っていただいたので、
あまり無理をさせるわけにはいきません。
とりあえず走行1本目終了で様子を見よう。
それでなるべく楽な動線を見出さないと…。

8:30

走行1本目が終了。
ピットアウトゾーンから、動線へ走行会車両が並びだす。

その間に、一時ミーティング車両は停めていただいて、
ひとまず台数の確認、及び次の走行に支障が無いかを確認するために
まずひとっ走り。

大丈夫な気配…。
かなりほっとしながら、走行会車両を駐車区分へ送り出し、いったん完了。
これなら、午前中は問題ないだろう…。
と思った瞬間、気が抜けたのか、立ち眩みが襲う…。
あら?もっと普段動けるはずなんだがな…。
いくら暑いといっても…。まだ午前中だよ…。
もっと動かないと…、ほかの炎天下で誘導をしている人を楽させられないではないか…。

ここで自分に反省の念が押し寄せます。
もっと前日しっかり寝ておき、
しかも酒は呑んではいけなかった…。

と。
体調管理は現場仕事では当たり前の「仕事の一環」です…。
これを怠っていた時点で、僕の今回のイベント運営は失格かも…。
が、もう今は遅すぎます。
とりあえず出来ることは、ただ動ける限り、普段どおりに動く事。
普段どおりいけるように気合を入れなおします。

Dsc_0173 暑さの中頑張る、らんまんさんとまる元さん。
本当にありがとうございます。

画像提供 DEEPさん

10:00

ようやくだんだん落ち着いてきて、
でもそれでもミーティングの車両は時折入場してきます。
自分の体力の消耗が激しく…、どうしても代わってあげる事が出来ません…。
ほんとにスタッフ皆様に助けられています…。

自分はと言うと…、動いたせいで、たまに休みを入れながら、それでも動かないと!
と自分に励ましを入れて、なるべく皆様へ負担をかけないように走るだけ…。
と気づけば、縁日コーナーは全然僕が関与するまもなく、
きれいに出来上がっているではないですか…。
ひとまず運営スタッフも含めて、皆様が少しでも涼しくいられるように、
扇風機を組立、配置します。

Dsc_0168 縁日コーナー
これまた風の通りがそんなに良くないので、暑そうでした…。

画像提供 DEEPさん

11:00

ひとつ重大な欠点が発覚…。

走行会の駐車枠が、車両を転回させるのに、若干厳しいとのご指摘が
しょこさんから入る…。
今回幸いな事に、走行会車両は縦列に駐車となっている部分がほとんどなので、
急遽車1台分程度前に移動で難を逃れます。

このあたりの対応、推測が今回の誘導メンバー様は
本当に良く気付いて報告してくれます。
本当に助けられてばかり…。
その割には…、僕はどんどん体力を消耗していき…、
だんだん動きが鈍くなる…。

途中、水分の補給だけではどうにもならず、
休憩がてらに塩を少量なめたりして、なんとか体を戻していこうと奮闘するも、
だんだん指先が攣ったり、足が攣ったり…。
動きは鈍くなるが、あと5時間ばかり。
がんばらねば…。

13:00

いよいよスーパーラップのスタート。

エイトリアンカップでは初となる、スーパーラップですが、
これは午前中の走行組を2分割し、走行時間を半減させる代わり、
クリアラップを思い切り取って走行していただこう、とさわじぃさんからのアイディアで
今回導入の方式です。
この場合、もちろん走行会車両の入退場が頻繁となり、
マーシャルも、誘導も非常に大変な時間帯。

さらにはその直前から、ミーティング側ではマツダ様によるトークショーも
併催となっているので、正直気を抜けません。
一般参加者はある程度トークショーを見ていただきながら、
その間で午前中の流れを倍速で行う必要があるのです。

この時刻の直前、TC側からのお話では、
「正直チェッカー後の車両退避の時刻を考えると、少しばかり無理があるので、
チェッカー後、すぐに次のクラスをコースインさせる必要はありますよ。」
と告げられておりました。
もちろんここで全力を出さなくてはならないのは僕です。
車両の入退場のタイミングは午前中からずっとお願いしている、
まる元さん、しょこさんにお任せして、
(実はすでにこの時点で休憩など取っていただく事ができませんでした。
まことに申し訳ございません…、スタッフ各位。)
僕はピットロード内でタイミングを計りながら、チェッカー後スムーズにコースインしていただくよう誘導、コースインの指示を出す側に移動します。

スーパーラップは、各走行組(初心者枠除く)2本。
可能な限りクリアを取って、存分にタイムアタックに集中してほしいので、
必死に誘導します。
が、正直体力的には限界状態の為、
その指示を出す合間のわずかな時間でも、意識が朦朧としてくるときがあります…。
ちょうどそのとき、トークショーが終わったエイトリアンさんから無線が入ります。
(実はこの時点で彼もダウン寸前で医務室で倒れこみながらの指示だったらしい…。
漢だね…。)

「正直クリアが取りにくいらしいので、
もう少し間隔を空けてコースインさせてあげてください。」

そこで朦朧とした意識がふと戻る…。
「ただ走行会を回しているだけではダメではないか…。
スーパーラップの意味を考えれば当たり前でしょ。」と。

が、すでに実際体力は限界…。
無線で助けを呼ぶと、エイトリアンさんがじきじき交代要員で来てくれました。
本人も限界だと言うのに…。

が、それでも主催であるエイトリアンさんは
当然次の段取りの伝達に出なくてはならない…。
なのでここで5分休憩できた僕がふたたび代わる。
5分でも休めるだけでかなり楽にはなります。
ただ…、だんだん動ける時間は少なくなってしまう…。

ここで改めて思うのでした。
なんでこれよりもっと動こう、と意気込んでいたのに、
体調管理をしっかり行わなかったのか…。
と…、もう一度…。
すでに時遅し…。
できることは、とにかく動けるだけ動いて、
ほかのスタッフの負担を減らしてあげること。
特にこの日は本当にほかのスタッフさんに助けられてばかりで、
正直弱音なんて吐ける立場ではありません。

なんとか無事、スーパーラップ終了。
残りもわずかだ、がんばろう。

15:10

走行会クラスの「レースオプション」。
レースの最大の醍醐味である、「スタート」を実践していただくためのもの。
当然グリッドに各車をつける必要があるため、
僕とエイトリアンさんはコース内で誘導。
当然のようにここでも走る…。
走って、動いて、なんとかスタッフの負担を軽減してあげないと…。

この時点では、もうこの気持ちだけでむりやり動いてました…。

実際レースが始まれば、非常にスムーズ+クリアなスタートで、
まず安心。
実は僕が心配していたのはこの瞬間で、
ここで何かトラブルがある可能性が一番高いと判断していたので、
ここで一息入れることに成功します。

残りわずか。

15:20

ショップタイムアタック。
この時間は、各社デモカーが1台づつのタイムアタック。

重要なことは、次の車両をどんどん待機していただき、無駄のない、
「2周アタック」を敢行していただくこと。

エイトリアンさんはコースインの指示。
僕は順番を確認しながら、各ショップ様へ出走準備を促す。

一応無線でエイトリアンさんとは話がいつでもできる状態なのだが…、
正直デモカーの排気音で無線の意味がありません…。

ほとんど手合図で無事終了。

しかし…、このアタック、非常に見ごたえがありました。
TC1000というコース全体が見渡せるレイアウト。
さらにスタッフという事で目の前(これこそ本当に)でのアタック観戦もでき、
満足+充実しながら、最後のRX-8GPの準備も同時に進行します。

ほんとにあと少し。
もう少しがんばろう。

15:40

いよいよメインイベント 「RX-8 GrandPrix」決勝。

僕とエイトリアンさんで順次グリッドに車両を誘導します。
正直お互いふらふらなんですが…、最後の気力をふりしぼって走ります。

シグナルが点灯→消灯を確認して、
車両が1コーナーを問題なく前車が通過したのを見計らって、
僕は受付へ…、走る。
最後の準備(ポディウムなどなどレース後の準備品)の指示だし、
探し物をするためです…。

もう正直気力だけ。
あとは…、閉会式、片付けを残すのみ。

結果として、レースの状況は、受付であわただしく動きながら実況を聞いているだけに
なってしまいましたが、それでも緊迫したレースの状況はある程度把握できました。
かなりの盛り上がりだったようで、本当に良かったです。

16:15

表彰式。

と言っても、僕は表彰式に出る状態でなく、
各ショップ様へご挨拶、及び撤収作業のお願いをしにピットゾーン周辺を回ります。

各ショップ様、皆様本当に激励のお言葉をいただきまして、
本当にうれしく、ようやくこのイベントの終点が見えてきた、と言う感じ。
暖かいお言葉をいただきまして、本当にありがとうございました。<各ショップ様。

正直、動くことすら厳しくなっていたので、
少しの間、体を休めて、撤収作業のために体力を少しでも回復させようと努力します。
しかし…、本当に改めて体調管理面を反省することになりました…。

17:30

イベント終了。

会場からの車両誘導に4名ほどの若干名のスタッフさまがあたったので、
僕は早速ステージ、日よけなどの外設営の解体、積み込みにまわります。
この時、皆様本当に疲れきっていたはずだというのに、
そして、不慣れな足場材の解体作業だというのに、
RTEのメンバーも、残りのスタッフのメンバーも、
みんなで一斉に作業をこなしていただきました。

おかげで撤収作業が早いこと…。
が、その反面天候(雲行き)がみるみるうちに怪しくなってきます。
突風が吹き、遠くでは稲光が…。

皆様のご協力のもと、足場材の撤去、積み込みが完了して、
残りは受付部分の荷物の積み込みだけ…、と4t車両を倉庫の前につけた直後…。
大雨到来。

この状態では埒が明かないので、しばし倉庫で休憩です。

この時点で、僕はすでに気力もギリギリの状態で…、
この休憩の際に、少し意識が朦朧としてきたので、
皆様に一言伝えて、救護室(エアコン付き)へ体を冷やしに行った時…。

そのまま自分でも気づかぬうちに、ベッドで倒れこんでしまってました…。
次に気が付いたときには…、雨も上がり、倉庫の荷物も積み込まれていて、
さらにはシートまでかけられていた、事実上の「作業終了」となっておりました…。

最後の最後に、皆様もうしわけございませんでした。

18:45

最後の皆様への挨拶。
ようやく終了です。

今回、本当にスタッフ、及びRTEのメンバーには
最初から最後まで助けられてばかりでした。
もっと体調管理をしっかりしていれば、もっとスタッフの皆様には楽に動いてもらえるはずだったのに…。
反省しきりでした…。

最後に、エイトリアンさんと硬い握手を交わして、お互いの健闘をたたえて、
本当に終了。
涙がこぼれそうになったのは内緒です。(笑)

こういうイベントが終わった瞬間、と言うのは本当にうれしくて
感動です。
この気持ちを味わえるのが、本当にたまらないです。
これが「イベント好き」の理由のひとつなんでしょう。

とにかく、本当に皆様お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

--------------------------------------------------------------------------

さて、とかなりの(ほんとに長い…。)文章となってしまいましたが…。
最後に今回本当にお世話になった、スタッフ、RTEメンバーに一言づつ
かかせていただきたく思います。

お礼の言葉(順不同です、あしからず)

>しるさん、あんこ腹さん、他、撮影班の皆様。

当日は本当にお疲れ様でした。
正直、顔とお名前が一致していないのですが…(汗)
撮影以外にも、時折お手伝いをしていただいて、本当に感謝しております。
撮影が無ければ、当然レポートも上がらない、締まらない、と言うことで、
本当に重要なポジション、あの暑い中本当にありがとうございました。

>らんまんさん、まる元さん。

前日作業の疲れが相当あったにも関わらず、
あの炎天下での誘導作業、本当にありがとうございました。
出来ることなら交代要員も含め、検討しなくてはならなかったのですが、
それをずっとこなしていただけて本当に助けられてしまいました。
ありがとうございました。

>みゅうさん、しょこさん。

当日、これまた誘導で一日中走り回っていただきまして、
本当にありがとうございました。
らんまんさん、まる元さんと全く一緒で、交代できる環境を作れなかった事が
本当に反省で一杯です…。
それでも疲れを見せず、頑張っていただいた姿は感銘を受けました。
本当にありがとうございました。

>おたZさん。

公道側の一番さみしい、孤独なポジションでの1日作業、
本当にありがとうございました。
いろいろトラブルもあったでしょう。
そして疲れが一番あったと思います。
交代することが全くできずに本当に申し訳ございませんでした。
今回正直一番きつい仕事だったと思います。
改めまして、本当にありがとうございました。

>KONさん、yu-paさん ニッシーさん。

前日作業、そして当日の誘導のお手伝い、本当にありがとうございました。
正直言って、ミーティングの駐車に関しては、不安だらけだったのですが、
全くトラブル無く入場出来た事は、本当にこのポジションで誘導してくださったおかげです。
ましてや前日作業でおつかれのところ…。
本当にありがとうございました。

>andrewくん、そして縁日コーナーを盛り上げていただいた皆様。

本当に何も出来ずに申し訳ございませんでした。
気づけば、縁日コーナーが完璧に出来上がり、全く関与すること無く
順調にいけたので、僕の負担はかなり減りました。
本当に助かりました。ありがとうございました。

>とくべ~さん。

事前の準備、打ち合わせ、本当にありがとうございました。
いろいろな備品を準備していただき、本当に感謝しております。
当日は走行だったのですが、その分を事前準備に尽力していただいたので、
本当に助かりました。ありがとうございました。

>那由他さん。

事前の備品手配、そして、当日のミーティングの誘導、ありがとうございました。
奥のミーティングスペース、そして前日のステージの手配、
僕にとっては負担だったのですが、おかげさまで非常にスムーズに出来ました。
本当に感謝いたします。

>miniさん、みきぽんぷさん、163さん、ちはるさん。

受付、というすべての窓口でのご対応、本当にありがとうございました。
あのポジションは、どんなに辛くても、常に笑顔でなくてはならないですし、
何か問題があればまずここに情報が行く場所なので、その負担は尋常でないものだった
と思います。
それをこなしていただいて、本当に助かりました。
ありがとうございました。

>しばたんさん。

体調不良を気遣っていただき、本当に助かりました。
あの炎天下、正直いろいろ負担も多かったでしょうし、
さらにいろいろトラブルもあったでしょう。
本当にありがとうございました。

>当日の設営、撤収作業を執り行っていただいた、RTEメンバーの面々。

本当にお疲れのところ、最後までありがとうございました。
最後は倒れてしまい、ご迷惑をおかけいたしました。
おかげで天候も外部材の撤収に間に合いました。
感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。

そして…。
今回の本当の立役者。
そして千両役者。(言い過ぎか…?笑)

>エイトリアン!!(あえてこの場は呼び捨てなり…。)

本当に今回のイベント、一緒に運営することが出来て、
感謝の気持ちで一杯です。ありがとう!

思えばまだよく話をする間柄になってからそれほど経っていないというのに、
今回のこの企画、最初から声をかけてもらい、
そしていろいろ信用してもらえた事を心から誇りに思います。
みんなを取りまとめ、そして付いてきてもらえるその度量。
それが無ければ当然のようにこの企画は出来なかったでしょう。

まだ、当然反省すべき点も多く、いろいろ検討しなくてはいけない部分は多いでしょう。
が、それを糧に、次に備えられる、という能力は本当にたいしたものだし、
なかなかできる人間はいないと思います。

次回以降も、何か尽力できる事があればいつでも動ける体制で頑張ります。
またご一緒しましょうな。

そして最後に、ミーティング、走行会にご参加の皆様。
本当にありがとうございました。

おかげさまで僕の記憶に残る、いい思い出の1日となりました。

と言うことで、大変長文となってしまいましたが、
当日までのレポートはようやく終了でございます。

また次回、皆様にお会いしたいと思います。
ありがとうございました。

|

« 「8月5日はエイト祭!エイトリアンカップ・ミニ&RX-8「エイトの日」ファミリーミーティング」スタッフ視点レポート(前日まで編) | トップページ | MSCT岡山への準備開始! »

コメント

俺も今回、彗星さんと一緒にイベントを創りあげられたことを誇りに思います。
この運命は、R&Dで出会った時から決まっていたのかもしれません。

来場していただいた方全員は当然として、スタッフ全員も誇りですし、協力してくださったマツダ様およびショップ関係者にも深い感謝の念を抱いています。

こんなイベントを実施できたのは、皆さんの協力のおかげです。

ありがとう。ありがとう。

投稿: エイトリアン | 2007/08/10 12:41

なんのお手伝いもしていない私が二番目に書き込むのもおこがましいとは思ったんですが、更新を発見してしまったので書き込みます。お許しを・・・

参加台数200台弱、参加人数500人あまりのイベント・・・しかも事故の危険を伴う「動くクルマ」を扱うイベントを、一つの事故もなく運営しきるということの大変さを、このスレを読んで実感しました。

あの予想外の暑さの中では体力はもちろん、思考力もどんどん消耗していきますよね。

その中で段取りをすべて頭に入れ、先を読んで動く(走る)というのは、たとえ前日の体調管理が完璧であったとしてもぶっ倒れますって。

ホントにお疲れさまでした!

もちろん主催者であるエイトリアンさんはじめ、スタッフの方々全員の力が合わさってこの成功があったわけですが、彗星さんの努力、経験、スキルが最も発揮されたイベントではなかったでしょうか。

今は出来るだけゆっくり体を休めてください。

投稿: DEEP | 2007/08/10 14:42

 前日どころか、その前から寝る間を惜しんで動いて下さった努力に感謝致します。

 イベント当日も、朝から終了まで全区域を走り回り声をかけて下さり、有り難うございました!(救護室の冷房の存在を教えて頂いた時は助かりました(笑)時々復活のために一時停止させて頂きました。)

 またイベントでご一緒する時は、今度は自分が彗星さんの負担を和らげねばと痛感しました・・・ホントに。

 取りあえず、大役お疲れ様でした!!

投稿: まる元 | 2007/08/10 21:46

>エイトリアンさん。

ほんとに、ほんとにお疲れ様でした。&ありがとうございました。

ほんと、ご参加の皆様全員があって、イベントが実施できる、
というのはやってみると実感ですな。

ほんとに出てくる言葉は、「ありがとう。」だけです。

改めて、お疲れ様でした。

>DEEPさん。

初心者クラス走行、お疲れ様でした。

当日走行の方に負担をかけたくなかったのですが、
それでも皆様手伝っていただいたり、気を使っていただいたり、
本当に助けられましたよ。

ちなみにゆっくり休みたいところですが…、
そうはいかないので、残った仕事をがんばります。

>まる元さん。

いやいや…、実際本当に辛かったのは、
交代要員もない中、一日中車両誘導を専属でやっていただいた方々だと思ってます。

ほんとに大役、お疲れ様でした。
ありがとうございました。

次回は…、もっと分業できるように、事前にいろいろお話できればいいですね。
また、次回もよろしくお願いいたします。

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/08/11 05:27

当日の早朝ミーティングの時に既に疲れが見えていたので、前日から大変だったんだろうな、とは思っていました。

当日も灼熱地獄の中、いろいろと考えながら、力を振り絞って運営されていたんだな、ということがヒシヒシと伝わってきました。

おかげで、いい日をすごすことができました。
ありがとうございました。

投稿: さわじぃ | 2007/08/11 08:00

うん、確かに朝から前日の疲れを引きずってましたね…。
その意味では、本当にスタッフ全員に助けられてばかりでした。

GP2連覇、おめでとうございます。

こちらこそ、ありがとうございました。

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/08/12 09:35

前日だけでも大変だったのに、当日もまる1日お疲れさまでした。
さらに、事前準備、残務処理と彗星さんにはかなりの負担だったと思われます。
おかげさまで当日は気持ち良く走行出来ました。
どうもありがとうございました。

次は岡山ですよね(笑)
LSDが俺を呼んでいる~♪

投稿: ニッシー | 2007/08/13 19:04

ニッシーさんこそ遠路はるばる、本当にお疲れさまでした。

正直、負担は大きかったですが、その分、当日の終了の際の
喜びと言ったら無かったです。

次の岡山…。
LSDはつけないで…。お願いします。

やっと背中が見えてきたのに…。

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/08/15 13:29

遅くなりましたm(_ _)m

翌日から九州へ帰省しましたので(もち8で)、PC環境もなく
遅れてしまいました。

前日、当日とお世話になりました。
・・・・もちろん、某バーミヤンからもですが(笑

イベント成功でしたね、緑の彗星さんの貢献大・・・・と言うか
いなければ、あのような立派なイベントにはなってないかと!
もちろん、企画・運営を行ったエイトリアンさんも含めてですが。

微力ではありましたが、楽しいイベントにスタッフとして
参加できた事を嬉しく思います(^-^)v

本当にお疲れさまでした。

投稿: KON | 2007/08/16 13:10

本当に前日の朝からありがとうございました。
大変お世話になりました。

いろいろ大変でしたが、今となると、いい思い出となりますね。

また、今後もよろしくお願いいたします。

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/08/17 08:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127504/7459845

この記事へのトラックバック一覧です: 「8月5日はエイト祭!エイトリアンカップ・ミニ&RX-8「エイトの日」ファミリーミーティング」スタッフ視点レポート(当日編):

« 「8月5日はエイト祭!エイトリアンカップ・ミニ&RX-8「エイトの日」ファミリーミーティング」スタッフ視点レポート(前日まで編) | トップページ | MSCT岡山への準備開始! »