« MSCT岡山オータム申し込み完了。 | トップページ | ようやく復帰できると思ったのに…。 »

2007/10/09

RX-8のデフを分解してみた。

去る先週土曜。

さわじぃさんのデフトラブルのあったデフをお借りしたので、
さわじぃさん立会いのもと、分解、検証をして見ました。

さわじぃさんが、主に写真撮影を行っていただきました上、
その画像をご提供いただきましたので、「8のデフ分解」で、
ざっくりと、DIYのコーナーに挙げたいと思います。

画像などが多いので、重くなるかもですが、
ご興味の方は、ご参照ください。

また、実際の作業の際は、自己責任の上、充分ご注意の下
作業いただけますようお願い致します。

まず、デフはなんといっても、「鋳物」の品なので、
何より重い…。
+形が不安定で、作業するにも、いろいろ気を使わないと、思わぬ怪我が待ってますので、今回、ちょっとした治具を作成しました。


Sany0480_3 それがこれ。
ただ、鉄板に、巾68ミリで、M8のタップ加工をした穴を開けたものを2枚。

実は後程出てきますが、同じ加工をした1mのパイプもあります。

どのように使うかと言うと、
デフが不安定なので、プロペラシャフトのつながっていた
フランジに2枚の鉄板を取り付けると…。

Sany0483_2 こうなります。
フランジの巾を見かけ上広げて、作業性をよくするためです。

デフのボルトは各所硬いので、結構約に立ちます。

何事も作業効率を考えないとね(笑)

Sany0487_2
で、ケースカバーのボルトを外して、
カバーをプラハンマーで軽く叩く。

(普通のハンマーではいけません…、もちろん…。
すぐに曲がります…。)

このように…。

Sany0489_2
LSDが御開帳でございます。
さわじぃさん、年間11回のデフオイル交換を行っていた、と言うことで、
なんときれいな中身でしょうか…。
正直、こんなきれいなケース内は想像してませんでした…。
全くもってびっくりです…。

ケースカバーの裏。
Sany0490_2
これまた全くスラッジなど溜まっている様子がありません…。
なんでまた、これで異音が出ていたのか…。
不思議であります…。
しかしきれいすぎる…。

リングギアが見えたところで、
一応、リングギアとファイナルギアのバックラッシュ(ギアの隙間)の測定を行います。Sany0494_2
当然、ダイヤルゲージなど持ってないので、
どこかから拝借(笑)
測定は、ケースにマグネットブロックを付け、ゲージをギアに当てて、
リングギアを揺さぶります。(もちろんファイナルは固定するべし)
あくまで揺さぶりは軽くでOKです。

で、計測すると、
バックラッシュが足りない感じ…。

整備値では、0.09㎜以上(上限は忘れちまいました…。)
との事だが、さわじぃさんのデフは、0.05~0.06㎜くらいしか隙間がありません…。
場合によっては、全くがたつきがない場所もありました…。

あくまで私論になってしまいますが、
おそらくうなりの原因はこれでは?
この時点では、ベアリングのがたつきが原因と考えてました。

Sany0497_2 で、LSDを取り外します。
ベアリングサポートのボルトを緩める。
が、当然メタメタに硬いので、パイプでスパナを延長して、
緩めます。
力加減に要注意です。

このボルトを抜いた後、再びデフを立てます。

Sany0500_2
ボルトを抜いた後の図
デフのベアリングサポート、シムには、
当然ながら、左右があります。
この時点で、袋に分けるなどして、左右をしっかり管理しましょう。
左右を組付で間違えると、バックラッシュが狂いまくります…。

で、LSDを抜く。


Sany0501_2ベアリングサポートや、シムの関係でしっかりとはまっているので、
取外しには注意しましょう。
おいらは、ドライブシャフトの穴から、メガネレンチにウエスを巻いて軽くこじりました。
てこの原理を使えば、軽く外れます。

その後、手で慎重に引っ張りだします。

Sany0502_2
外れたLSD。
まだ、リングギアは付いたままです。
写真の外周に10本あるボルトで、
LSDにギアが固定されてます。

次にファイナルを外そうと画策して、
先ほど話に出た、加工済みのパイプをフランジに取付ます。

Sany0509_2 こんな感じで。
要は、フランジの取付ナットを緩めるのに、
フランジが共回りしてしまうのを防ぐ、
「てこ棒」として加工したんですが…。

今回のパイプ作戦は大失敗…。

Sany0510_2
きっちりパイプをボルトで固定してしまうと、
なんとナットが隠れてしまいます…。
さらにこのナット、分解前日にパッと見で、
M16程度と判断して、24㎜のコマを用意したんですが…。

実は24㎜ではありませんでした…。
(後日、コマを新たに購入したところ、26㎜と判明…。
そんなサイズは通常機械解体、整備をやってる人間にはなじみが薄い…。)

今回はそんなこんなでファイナルを外すのは断念…。


Sany0503_2 ま、ケース内を覗けば、
しっかりファイナルの状態も見れるので、
今回はこれで勘弁してください…。
お願いします…。

もう一枚、詳細写真を。

Sany0520_2しかし…。

本当にきれいなケース内部だ…。
ファイナルも見たところ、全く問題ないような気配…。

で、リングギアを外す作業にかかります。

Sany0521_2
このボルトを外します。
通常だと…、万力(しかもかなりがっちりしたもの)に
しっかりと固定しての作業をしないと外れません。

今回はそんなものはさすがに無いので…、
現在締まっているボルトを利用して「メガネレンチ2本作戦」で緩めていきます。

とここで今回の重要な事実が…。

リングギアの留めボルト。
実は1本緩んでました。
留めボルトは車種によって違うんですが、
RX-8の場合、ロックタイト(ネジ止めの接着剤)で緩まないようにするんですが、
それの利きが悪かったような気配です。

これは要対策なんではないでしょうか…。
車種によっては、ゆるみ止めピンで緩まないようになっているものもありますが、
RX-8はその意味で要注意です…。

(その後聞きましたら、対策をしているショップさんも多いそうです。
ま、当然だろうなぁ…。ロックタイトの場合、しっかり脱脂しないと利きが弱いだろうし…。)

で、外れたリングギア。

これまた異様にきれいです…。
オイル管理を徹底していた証拠でしょう。

今回の作業はここまでですが、
いずれLSDの分解も行う予定です。
さらには、ノーマルトルセンもお預かりしているので、
そちらの組み付けも。
(いったいいつ時間が取れるのか…。)

で、結局今回分解した中で、
ベアリングの磨耗が酷い!と言う感触は正直ありませんでした…。
ではなんで異音がしていたのか?

これは実際のところはわかりませんし、
もちろん断定は出来ないのであくまで私見となってしまいますが…。

さわじぃさんのデフは、リングギアのボルトが1本緩んでいた。
これがどうやら原因ではないか?と思ったわけです。
少なくとも、今回の例に関しては、ATSのLSDが悪さをして、と言う気配は確認できませんでした…。

Sany04892 こちらの写真をご覧下さい。
リングギアのボルトが緩むと、
結果ほんの少しですが、リングギアが矢印方向にずれます。
と言うことは…、ファイナルのギアに押し付けられる形となる…。

で、結果バックラッシュが減る。(今回測定した限りでは基準値外)

バックラッシュが減る、と言うことは、それだけギア同士のかみ合いの抵抗が増えるわけで、それが元となって異音が出ていたのでは?

と言うのが僕の仮説です。

とはいっても、がっちりフランジを固定しての測定は出来なかったですし…、
その意味では、なんともいえないんですがね…。

今度暇をみて、LSD内部のカーボンプレートの状態も見てみたいと思います。

|

« MSCT岡山オータム申し込み完了。 | トップページ | ようやく復帰できると思ったのに…。 »

コメント

すげーーー!
個人レベルじゃなーい(汗
ドコのSHOPさんですか? :-)

デフ開けたらついでにファイナルも…と思ったのですが、
ファイナルのお渡しはマツスピカップで大丈夫っすか?
いや、岡山じゃないですよ…(汗

投稿: よた | 2007/10/09 22:04

お疲れさまでした。
見る見るうちにバラされていきました。。。

ベアリングの磨耗について、改めて確認したところ、装着状態・取外し後ともに、コンパニオンフランジのガタツキが顕著だった、ということなので、そちらの確認もお時間あるときにお願いします(比較対象のベアリングがないか)。←ファイナルギアの方についているベアリングですよね?

投稿: さわじぃ | 2007/10/11 02:02

>よたさん。
え~とですね…。
MSCTの筑波は、残念ながら、出場できないんですよ…おいら…。
(かみさんの親族旅行とバッティングしたので…。しかも去年はMSCTを優先してしまったので、今年も辞退するわけにも行かない…。)

なので岡山でお渡しをお願いいたします。
お待ちしております(笑)

だけどお預かりしたところで…、
いつ組めるのかちょっと仕事がヤバめです…。

>さわじぃさん。

本当にご提供、ありがとうございました。

コンパニオンフランジの件、了解いたしました。
コマも調達したので、暇を見て、ファイナルも分解して、
状態を見てみます。

その際はまた詳細にご報告いたします。

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/10/11 09:24

オイル交換頻度が高いにしても、不気味なくらい綺麗ですよね。なんでこんなに綺麗なのか不思議です。

バックラッシュは羽田近くのショップさんの掲示板で、マツダの規定値は甘めなので少な目が良い、と言うようなことが以前書いてあったような覚えが・・・

投稿: jaway | 2007/10/11 10:15

ケースの中身は、ほんとびっくりするくらいきれいでした。

でも、一度割っている気配はないんですよ…。
(もちろんLSD入れた時は割ったんでしょうが…。)
1年くらいなら、こんなもんなのかも知れませんね。

バックラッシュをきつくする、というのはあまりおいらは個人的に好きではありません…、正直。

当然熱の発生も多くなるし、燃費にも多少ながら影響が出るところと思うので、やはりメーカーの規定値あたりが無難なのかな?と思ってます。

特に8のデフは熱持ちますから…。

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/10/12 16:11

バックラッシュをキツクする前にデフオイルの番手
を変更するのはどうでしょう?
たとえば#140のシングル(まるで水飴)とか。

投稿: peke1works | 2007/10/13 01:15

え゛! Σ(・ω・;|||

投稿: よた | 2007/10/15 00:06

ボルトが1箇所緩んでいたのが気になりますね~。

ちなみに私のデフのバックラッシュは規定値より少なめに組んであります。

投稿: ken_rx8 | 2007/10/17 23:23

>peke1worksさん。

♯140は堅すぎそう…、
しかもオイル注入大変そうなので却下です(笑)

>よたさん。

いや、もうお車はお預かりしてますから(笑)
ま、いずれ機会がある際にお願いいたします。

>ken_rx-8さん

バックラッシュ少なめで、音なんかはいかがなんでしょうか?
11月には組む予定なので、いい加減準備しないと…。

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/10/18 12:37

彗星さん、さすがですね。

で、バックラッシュの件ですが、リングギアボルトが一本緩んだだけでは彗星さんのおっしゃる症状は出ないでしょう。バックラッシュが少ないのがほぼ全ての原因ですね。聞いたところによると、関東系のショップさんはどこもバックラッシュをきつめに取り付けているようです。僕から見れば害以外なんにもいいこと無いと思うのですが。。フリクションロスも増えるだろうし、減速時のキックバックも、モロ、ミッションに帰ってくるだろうし。。何ででしょう。少なくとも、私の整備してもらっているところはマツダの基準値にしているよと話していました。

うーん、しかしきれいなデフだ。彗星さんもすごいけど、さわじぃさんのメインテナンス力はすばらしいですね。

投稿: もりた | 2007/10/19 22:51

わたしのデフは音は問題なしです!うなり音なし。バキバキとかゴキゴキ音は使うオイルによります。あ、そうだ、このあいだ彗星さんが後席に座った時に使っていたオイル(たしかYHブランドのモノ)は少しゴキゴキ鳴ってましたね。他のオイルでは無音です。
わたしのを組んでくれたショップ情報では、カム角・イニシャルトルク・バックラッシュ等々 トータルでセッティングするそうです。で、わたしの要望通りのじわっと効くLSDになってます。
それと、うなり音はファイナルの歯当たりよるものと思います。友達の乗ってたSA22はうなり音が酷かったのですが、ちょっとだけ歯当たりが悪かったです(ヒール当たりだかトー当たりだったか忘れちゃいましたが)。ファイナルとドライブ交換したら普通に直りました。

投稿: ken_rx8 | 2007/10/20 11:04

いろんなところで補足しているのですが、一応ここでも。

私がATSカーボンLSDを組んだのはいつもお世話になっているディーラー(もちろんマツダ系)です。なので、組み付け時にバックラッシュが規定値を外れているということは、常識的には考えられません(あるとすれば作業ミス)。

よって、使用中に何らかの理由でバックラッシュが基準値外になってしまうような要因があるはずなのですが、それはよくわかりません。。。

投稿: さわじぃ | 2007/10/20 19:29

>聞いたところによると、関東系のショップさんはどこもバックラッシュをきつめに取り付けているようです。

どこのjawayさんですか:-)

そーいう推測話を書くのは辞めてもらいたいものです。

「関東系」のショップってどこですか?
「どこも」ってどこですか?ショップの数は?

そしてその情報のソースはどこから?
そもそも自分で「関東系のショップ」から直接聞いた話?
真偽は確かめました?

仮にそれが事実だったとして、それらショップが得たノウハウで
セッティングをしているモノを「害」と上目線で評価する程
もりたさんはスキル・ノウハウの塊なんでしょうか

別にショップ擁護派でも何でもありませんが
平気で嘘を垂れ流されるのは気分が悪いです

投稿: エイトリアン | 2007/10/21 00:44

>もりたさん。

ちょっと記述が断定しすぎではないでしょうか?
「完全にこれが正解です。」といわんばかりに…。

おいらは実際ばらしてみたものしか信じない、
やってみない事には何も言えない、
と常々考えてます。
(自分で出来ない事をとやかく言えない)

今回のケース、
まだファイナル側のベアリングをチェックしてない
(まだできない…。)ので、結果を断定する事はまだ出来ないのです。

その時点で、あくまで「推測」として結論を挙げてます。

それとさわじぃさんの件、
このお話はおいらもともと聞いておりましたので、
結果として、バックラッシュが狂っている、という事から、
組み付け時でなく、ほかの要因では?という事で
推論のひとつとしてボルトの緩みを一点疑ってみた訳です。

機械の据付、芯出しなどの仕事もうちはよくありますが、
その際ボルトの締め付けが1本だめなだけで、まったく精度が出ない!という事は仕事柄よく経験してます。
(実は先日も名古屋で喰らったわけですが…。)

いずれしっかり分解できたら、またしっかりとレポートします。
それでもやっぱり「推論」になってしまうんですがね…。

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/10/21 18:19

はじめまして。同製品にて同様な現象に落ちっている者です。
経緯的には
05年秋に組込み・06年初夏、同様な感じの現象が発生し
06年8月にオーバーホール(リングギヤー・ドライブピ二オン・ベアリング交換)現象回復。その後、
07年9月異音が出始める(まだ大きくないですが・・・)
オイルも自分なりにシビヤに管理したつもりです。

偶然かも知れませんが2度とも、夏の走行会後に現象は発生しています。

MSCT岡山に参加予定なので、お話させて頂ければ非常にありがたいです。宜しくお願いします。

投稿: ランテ8 | 2007/10/22 18:18

>どこのjawayさんですか

なんですか、これ~。(ぷんすか)

投稿: jaway | 2007/10/23 15:36

>ランテ8さん。

はじめまして。
ご返信が遅れてしまいました、申し訳ございません。

いよいよあさってですね。MSCT。
お会いできるのを楽しみにしております。

こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/10/25 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MSCT岡山オータム申し込み完了。 | トップページ | ようやく復帰できると思ったのに…。 »