« なんとか無事帰宅。 | トップページ | 12月の予定を変更した。 »

2007/11/05

MSCT岡山オータム参戦記。

すでに終了から1週間以上が経過で…。

「今さらかよっ!」といわれちゃいそうですが。

帰宅翌日から出張。そして出張先でトラブル。
さらには土曜も大残業なため、日曜は倒れておりましたので、
ご勘弁ください…。

既報どおり、タイムは納得の行くものでなかったのですが、
なんとか無事終了しましたので、レポートいたします。

事前準備。

今回の岡山参戦は、レーシングチームエイトリアン(RTE)として、
関東から団体遠征!という方向で参戦のため、
中途半端な参戦ではいけない!と勝手に位置づけ、事前の準備をしっかりと行うべく、
いろいろと仕込みを行ってました。

① 事前勉強会in我が家にて
(ただし…、仕事が長引いたためおいらだけ自宅なのに遅刻…。)

② バネレートの変更

③ タイヤ ホイールの調達
(てきどんさんよりR1Rをお借りできることになった。)

④ SLDの導入
(急遽、さわじぃさんからオークション出品の話が来て、そのまま導入に踏み切った)

と準備としては多大なクラス(おいらの懐事情としては盛大すぎる)を行いました。

その割には、現地でいろいろと不備が出てきてしまうんですが…。

現地入り。

RTEメンバーは、ほとんどがレストイン多賀で集合、休憩を取り、
MSCTの前日走行の朝に岡山国際へ到着、と言うプランを立てていたのだが、
おいらは家族づれ+岡山近辺に毎年お世話になっているご一家がいるので、
現地までは別行動、と言うプランで出発。

10/25 21:50に出発。

途中、多賀SAでちょっと休憩をとり、そのまま中国道方面。
三木SAでちょっと休憩の後、現地近くのご一家へ。

で、竜野で降りてみたら、なんとその時点で雨は土砂降り…。

こりゃ前日走行するのにど~なんだろう…?と考えつつ、
ご一家宅へ6:30に到着。

睡魔に襲われているのだが、ひとまず多賀出発組と連絡をとり、
一眠りしようとしたんですが、気になる点が一点あり、なかなか寝付けません…。

結局8:00に目をつむり、9:00に起床。(笑)
先ほどの「気になる点」のせいであります。

ダンパーから異音がまたしている…。
今年年明けの状態と一緒の音なんである…。

一応、R-Laboさんに連絡を取るが、一応ガスを充填できるなら、
しておいたほうが良いでしょう、との答え…。

で、あわてて近辺のサービスを検索する。
と言っても、窒素ガスを12kも入れられるショップが近くにある保証がない…。

で、考えたのが、量販店での「タイヤ窒素充填サービス」である。
もちろん12kなんて圧力を注入できないだろうが、
もともと入っているガスが窒素なだけに、近くの量販店に連絡をいれ、
そのままその量販店へ。

なんだかんだ言って、9kまでは充填できたので、一安心。
異音も消えました。

その時点では、早朝の雨も上がり、路面も乾いていたので、
前日走行を2本走る気で、満タン給油を済ませて知人宅へ。

が、その途中で又も土砂降り…。
泣く泣く、知人宅へ到着後、1本目はキャンセルの旨を岡山国際に連絡して、
昼飯を取り、かみさん、息子を知人宅へ残したまま、岡山へ出発。

前日走行。

到着したときには雨も上がっていたが、とても路面が乾きそうな気配はありません…。

RTEの面々は勢ぞろいしており、
(というより前日走行に来ているのは関東の面々ばかりだった…。)
そこでいろいろと話をして、眠気を払い、
しばし待つが、それでも路面は全く乾かない…。

でも、一応1本は走行したい、と16:05からの走行料金を支払い、いざウエットの岡山へコースイン。

DSCはオンで行ったが、これはそうでもないと走行できないくらい路面全体が滑りやすい…。

当日もウエットなら、問題ないのだが、ドライの練習には全くならないまま、
ラップを重ねます。

R1Rもどんな感触かは全くつかめず…。
DSCの作動もどうもおいらには不得手…。
さらには、すでに2年間悩まされてるLLC警告灯もつきまくりで、25分走行で終了にしちゃいました…。

結局、前日走行のタイムはウエットにて、2’15.11(手元計測)

RTEの中でも中段の記録なので、
まま、RX-8での半年ぶりの走行の割りには上出来なのかも知れないが、
やはり車もいろいろ不具合があるし、
さらに酷いのが、シフトダウンが無茶無茶へたくそになっていた…。(泣)

考えてみれば、夏のMSCTはベリーサだったわけで、(もちろんAT)
こういう所に「走りこみ」の重要性が見えてくる…。

しょぼくれながら、知人宅へ帰宅し、
ビールを飲んで、22:00頃就寝…。
明日はほんとに大丈夫なんだろうか…。
目標値は55秒台なんだが…。

当日。

5:30に起床し、準備を済ませ
(荷物はほとんど知人宅へ置いていった…。毎度毎度すみませんです…。)
6:00にコンビニで朝食を買って、6:30には岡山国際へ到着。

メンバーはすでにテントの設営なども行って、
準備も万端のご様子。

しかも今回から。RTEの女子部も発足したので、
(なぜかかみさんも入っているらしい…。)
なんとも華やかな雰囲気の岡山である。

ただ、ひとつまずい点が、まだ路面が完全には乾いていない。
レコードラインが乾いている気配はあるのだが、そのほかはまだまだウエット。
車検を済ませ、メンバーと会話をしているが、やはり路面状況は気になるばかり…。

ブリーフィングを終え、そのまま間髪いれずに走行準備、コースインとなり…。
(相変わらず岡山のスケジュールはタイトだった…。)
パレードランで1周回ってみたが、やはりところどころがぬれているので、
DSCは念のため、オンのまま走行することにした。

1本目。

パレードランが終了し、申告順にピットアウトしていく。
おいらはゼッケン10番だったが、みんな1周位は穏やかに走行するかと思い
ゆったりと流していたら、
いきなりバックストレートで4台くらいに抜かれてしまう…。

いきなり失敗しちゃいました…。(泣)

結局前も後ろもそこそこの車がいる「車群のなか」になってしまい、
3周までまるで何もアタックできない状態になり…。
4周目で1度アタックを掛けたところ、(それでも70%くらいだったと思う…。)
DSCがオンだったのに、ヘアピンでいきなり滑る…。

そう、SLDを装着していたので、
180k以上の速度が出た時点で、DSCがキャンセルになってしまったのである…。

ある意味失敗感にとらわれながらも、
その後2周はアタックして、なんとか1’57.98(手元計測)
(しかし、正式リザルトは1’58.005だった…。計測ポイントが違うため…。)

その2周のアタックの際、ダブルヘアピンで点灯、アドウッドで消灯していた
LLCの警告灯がいよいよ点灯しっぱなしになってしまったので、
2周ほどクーリングをいれもう一度アタックをしたが、
後ろを見ていないと思われる1台に引っかかり、そのままチェッカー…。

ダメだこりゃ…。(泣)

結局車両のトラブルも、「ただのセンサー不良なんだから、気にしないって!」
と言い張っても、やはり警告灯が点灯すると、気分も悪くなり、
そんな事を繰り返してるなら、早めに対処しておけばよかったのに…、と反省しても
もう後の祭り…。
いきなり意気消沈…。
なんだか昨日応急処置したダンパーも、ちょっといやな音を再び発生させてるし…。

2本目。

2本目はタイム順でのスタートだが、又も10番手。
路面は完全にドライ。
という事で2本目はDSCを完全にオフに。

今回幸いしているのは、前の車がおおかみ号さんだと言うことである。
普段TCでご一緒する機会も多いので、安心して後ろについていけるので、
今回はピットアウトと同時についていこうと決める。

これが功を奏した。

ウイリアムズの進入が非常に参考になる。
あのラインは確かに中高速コーナーに慣れてなければわからないのかも…。

引っ張られた形で、2周を回り、

1周間を置いて、4周目からアタックを掛けると、
ようやく手元で1’56.58の表記が…。

ただ、自分の中の目標値は55秒台なので、そのままアタックを続けるが、
なんともR1Rの感覚がいまいちな感じになってしまい、ウイリアムズを2周連続で失敗してしまい、そのまま終了となった…。

納得のいかない56秒台だったわけで、
どうも今回は準備をしていたにも関わらず、不完全燃焼なMSCTでした…。

帰宅路。

不甲斐ないタイムに終わってしまい、
結局いろいろと残してしまった課題を反省しながら、
日曜の10:30に知人宅を出発。

途中、三木SAで土産購入+昼食を取り、
そのまま燃費走行をしたまま、ノンストップで足柄に16:30にたどり着いたが、
その先が厚木近辺が事故渋滞でどうしようもない状態になっているらしいので、
足柄で夕食+風呂に入り(レストイン足柄)
19:00に再出発。

事故渋滞はさっぱり収まる気配も無く、
渋滞に巻き込まれながら、ようやく21:30に帰宅と相成りました…。
(帰りは11Hかかった事になる…。)

反省点。

まず、第一に走り込み。
これは半年振りで、しかも脚、タイヤと変更となっているにも関わらず、
そのチェックをホームコースであるTCで行えなかった事は、
いろいろ影響があったと思う。

仕事が忙しかった。は言い訳にしかならないし、
ならば、いろいろとモディファイを行わなければ結果はもう少し良かったのか?
と言えるかというと、それでも体がサーキット対応になってなかったので、
無理だったと思う…。

夏シーズンをサボりすぎた…。
そのツケが、わざわざ遠征した岡山で証明してしまったため、
非常に心残りな結果でした…。

次に車両のトラブル。

脚のトラブルは、以前と同様のもの、と言っても、
前回の時にどこからガスがリークしているのか不明のままだったので、
致し方ないと思うが、
(と言っても今回は同様トラブルとなったため、しっかり原因究明をしていただきます。)
LLCの警告灯の点灯に関しては、すでに2年間も付き合っているトラブルで、
いくらこれを気にしない!と心に誓ったところで、やはり気になってしまうんだから、
もっと早くに対処するべきだったと思います…。

という事で早急に8は入院となる予定です…。

それと1点。
一番反省すべき点は…。
「いじりすぎ」

タイヤすら変わってしまった上、(これは一時的だが…。)
脚まで変更、となれば、どこでどう良くなったのか、わかりにくくて失敗です…。

ホームコースならばもっとわかりやすいとは思うんですが、
その前にしっかり車を万全にして、早めに「動きの違いを感じる体」に戻さないと、
12月 1月のタイムアップは困難だと思うし、そのタイムアップがしっかりと体に身に付くかどうか怪しいと反省してます…。

とはいうものの、帰ってきてからいきなり仕事が全開状態で、
なんにも出来ない(それこそ8の入院の段取りも出来ない…。)んですがね…。

最後に。

今回、南関東からは約650キロ、という距離にも関わらず、
大勢で遠征、そして前日、当日といろいろ協力、切磋琢磨していただいた、
RTEのメンバーさま。
多摩メンバーさま。
RTEの女子部。
D-テクニックの出来様。

本当に一人、1世帯だけでの遠征だとしたら、
とてつもない落ち込み方をしていたと思います。
みんなが一緒にいてくれたので、多少は気も晴れ、何とか2本目は多少ながら
タイムアップを果たせたのだと思います。
感謝いたします。

そして、毎回岡山遠征の際にお世話になっております、ご一家さま。

毎度毎度、本当にありがとうございます。
来年も、なるべく参戦したい(&納得の行く結果を出したい)と思ってますので、
どうぞよろしくお願い致します。

MSCTは筑波はどうしても出場できないので、
残りは今年、エイトリアンカップのみとなってしまいますが、
そこでHNを変更できるよう、努力したいと思います。

まずは時間を作らないと…。(汗)

|

« なんとか無事帰宅。 | トップページ | 12月の予定を変更した。 »

コメント

お疲れ様でした。
今回は当初、積載車か?という段階から
打ち合わせ等、ありがとうございました。

56秒というのが目標だと思ってましたが
いつのまにか55秒が目標だったのですね・・

残念ですが、次の筑波で挽回しましょう!
おっと・・マツスピカップじゃなくてエイトリアンカップか。期待してます!

投稿: エイトリアン | 2007/11/05 16:07

 遠征&レポお疲れ様でした☆

 こうしてみると、何はともあれ走り込みって大事なんだと痛感しますね。そう言えば自分のクルマもパーツ変えたら慣れるまで大変な思いをしましたっけ(汗)

 お忙しいご様子ですので大変でしょうが、次の筑波は頑張って下さい!

 しかし、岡山の前日練習日に普通の走行会とかあれば良いのに・・とか思ってしまうのは・・・・・まぁ、自分も応援のついでに走りたいダケなんですが(笑)

投稿: まる元 | 2007/11/05 21:22

お疲れさまでした。
やはり仕様変更後に走れなかったのは大きかったようですね。ついにシーズンインですから、岡山の借りを筑波で返せるようにがんばりましょう。

それから・・・まる元さん>
マツダ車を買えばいいんですよ。で、トライアルにエントリーすれば走れます。えっと遠征用にボンゴとかがいいんですがwww

投稿: さわじぃ | 2007/11/05 23:29

遠征、お疲れ様でした
足回り以外はノーマルというところから見れば
56秒台というのは直線の差を差し引けば十分なような気もしますが…
なにはともあれ、エイトリアンカップまでにR1Rを使いこなすというのを目標に(笑)

投稿: てきどん | 2007/11/06 00:01

お疲れさまでした。

で、私の車は去年の夏杯で岡国で依然走った時にはリミッタ当る速度に到達しませんでした。

投稿: jaway | 2007/11/06 00:08

>エイトリアンさん。

いやはや、リーダーとしての遠征、本当にお疲れ様でした。

55秒台、と言うのは実は最初からの目標でした。
(HNを変更する目標からの1秒落ち)

今回、タイヤ、その他もろもろの変更が多すぎて、
分析がまったく成り立たなかったことも反省点です。

エイトリアンカップは…、う~む…。(謎)

>まる元さん。

やっぱり走りこみは大事です。(きっぱり)
パーツの変更をひとつ行った時点で、走って確かめる。
この事の重要性をひしひしと感じました…。

ま、まる元さんは来年までにボンゴにお乗換えという事で…。、
その後の仕様変更の際にご参考になればと思います(笑)

>さわじぃさん。

今回の遠征+コソ練(笑)本当にお疲れ様でした。

タイムの絶対値に驚愕でした…。

筑波のリベンジももちろん考えてますが、
その前にちょっと試したい事もあって…。(謎)

その際はお手柔らかにお願いいたします。

>てきどんさん。

今回は本当にいろいろありがとうございました。

ただ、Lightクラス内でのタイムを見比べても、
入賞圏外に近いので、納得してないわけです。
今回わざわざタイヤのご支援までいただいたと言うのに…。

ただ、一応お借りものなので、
このタイヤになれる、という事は避けたいと思ってます(笑い)

>jawayさん。

夏と秋では、気温も若干ながら違うとは思いますが、
リミッター到達か否か、というのはある意味目標値の一つになるのではないかと今回感じました。

これはある意味今回大収穫で、
それだけ立ち上がり、突っ込みがいかに下手だった、
躊躇していたのかを痛感しました…。

またご一緒できる機会にはよろしくお願いいたします。

投稿: 緑の彗星(?) | 2007/11/06 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんとか無事帰宅。 | トップページ | 12月の予定を変更した。 »