« 自作エンジンスタンドホルダー | トップページ | RENESISS OHへの道-5- 補機類外し② »

2015/01/07

RENESISS OHへの道-4- 補機類外し①

さてさて、やっとEgを降ろすための段取りであります。

上から上げる場合の手順としては。

①タワーバーを外す
②バッテリー(と台座)を外す
③エアクリBOXを外す
④スロットルボディを外す

ここまで外すと、エンジンハンガー(吊り具)のリア側が見えてきます。

その後
⑤各種配線カプラーを外す
⑥クーラントホースを外す
⑦オイルクーラーへのホースを外す
⑧エアコンコンプレッサーを外す

で、ほぼEgとボディー側との分離が完了するので、

⑨ボンネットを外して吊り具でテンションをかける
⑩Egマウントブラケットおよびエキマニを外す
⑪Egを吊り上げる

で完了です(ずいぶんはしょった説明だけど・・・)

まずはスロットルボディーまで(①~④)

大して写真を撮ってないんですが、
かるーく初期の状態がわかる写真を2枚。

Kimg0038_s_2
赤がバッテリー
黄色がエアクリBOXです(当たり前ですね)

外せるようにしか外せません。
テキトーに外してください(笑)

Kimg0039_s_2
赤丸部分を外すのが目的です。
こいつを外せば、後ろ側のハンガーがお目見えします。

そしてこやつ、何気にカプラーやら配管やらいろいろ刺さってますので
マーキングを確認して外してやってください。
主要部分は写真に収めてありますので紹介します。

まずは黄色の矢印部分、電子スロットルのカプラーがあるのでこいつを外します。

Kimg0044_s
左上がカプラー。
で、手前のホースに刺さっているホースはこのように黄色と白でマーキングされてました。

次 燃料ホース

Kimg0043_s
オイルレベルゲージの下に見える、
赤と青のワンタッチカプラーが燃料ホースです。

確か記憶だと、赤がリターンだったような・・・。
(青を外したときにキャップをあけるの忘れてて噴出した記憶がある)


上記のとおり、燃料キャップをあけてからホースを外さないと、
ホースから燃料が噴水状に噴出します。ご注意を(笑)

その後、ボディを留めているボルトを外すのですが、
こいつ実は奥まったところにあり・・・工具をかなり選びます・・

さらに今回はミッションを降ろしたのちにスロットルボディを外したので、
Egが運転席側に傾いていて、配管裏側のボルトへのアクセスが
さらに難しくなってしまったのであります・・・。

結局おいらはエキマニにジャッキをかけて、Egを起こしてボルトを外しましたが
これはどちらがやりやすいのかはわかりません(笑)

Kimg0054_s
すでにモノは外れた後ですが、
赤丸部分のボルトを外します。

ボルトを外すとスロットルボディーが動きますが、
裏側にはソレノイドバルブのカプラー等が付いているので
そいつを外します。

Kimg0045_s
カプラー部
上から、青 白 黒 の順番

Kimg0046_s
ホース
上から、マーク3つ マーク2つ マーク1つ
(写真では一番下のホースが外れてます)

あとはほかにつながっているカプラーとか、
配線を留めているファスナーとかホースとかを外してやってください。

そうすればスロットルボディは外れます。

Kimg0053_s
後ろ側のハンガーも見えましたな。
前と後ろ、2点にワイヤーをかけて、吊り上げるわけですな。

⑤以降は次の記事にて。

|

« 自作エンジンスタンドホルダー | トップページ | RENESISS OHへの道-5- 補機類外し② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127504/58500018

この記事へのトラックバック一覧です: RENESISS OHへの道-4- 補機類外し①:

« 自作エンジンスタンドホルダー | トップページ | RENESISS OHへの道-5- 補機類外し② »