« トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(最終話) | トップページ | 「れじ号救出」という建前の、新東名走破の旅 »

2016/03/29

自作型積載車の作り方

Kimg0659
積載車・・・。

借りるとすると、結構バカにならない費用ですよね・・・。
だけど・・・おいらみたいにナンバー切ってる車両となると、
遠征となればどうしても必要になってしまう・・・。

前々から、小さめの車両なら、ユニックで摘んで持っていく、って人もいましたが、
RX-8は正直そこそこのサイズ。

しかし、おいらは機械屋、重量屋でもあるので、
中途半端に単管とかで吊る、っていうのには抵抗もあり
(もちろん相棒をなるべくこんなことで失敗して傷つけたくない)
半年くらい試案してました(昨年のSUGO以降)

おいらのアイデアはこう。

① 車はジャッキポイントでウマかけして安定しておいておけるのだから、
ジャッキポイントで吊れば問題ない

② 当然、通常の玉掛けの吊り方では、(吊り点とフックでそのまま吊る)
ワイヤー、ないしスリングが車体に食い込んでしまうので、吊り天秤が必要

③ 車体下部分は移動の際に少しのスペースができるのだから、
吊り天秤は分解できて、車体下にしまえるようにすればいい

④ 当然普段の業務にも使うのだが、それを妨げない牽引フック架けが作れるなら
安定して安全に車体を運搬可能

と、こんな感じのアイデアを、ひとつずつ試行錯誤して
ネガをつぶして現在の形に至っております。

まず、①。

Kimg0658

これは、ジャッキポイントでそのまま吊る為のステーを作ればいい、
ということで、
車体の左右ジャッキポイントの寸法を計測し、
その巾にジャッキアダプターを差し込めるステーを作成しました。

ちなみに、ちゃんと重量検討を行うため、
計算ソフトを使って鋼材を指定してます。

たとえばこんなの

エイトの車体は1350キロ程度。
ほか重量を考えるとまぁだいたい1か所のジャッキポイントにかかる荷重は
400キロ程度、と少し多めに検討し、

さらに、車体下に潜らせるためあまり太くさせたくない、
ということで計算した結果、100×50のC型鋼なら荷重に耐えられると判定。
これにジャッキポイントの巾でタップ穴加工を施し、
ステーと車体の隙間を作る為のアダプターをねじ止め、
それにジャッキアダプターを乗せる形をとってます。

ちなみにエイトの場合、
いきなりC型鋼にアダプターを付けようと最初試案したのですが、
フロントのジャッキポイントのラインにはエキマニのフランジがいて、
アダプターをかまさないとだめでした。

で、このステーを、車体幅より長めに二本作製。

そのステーの両端にアイボルトを取り付けます。

Kimg0498

次に② ③

Kimg0659_2
ジャッキポイントの巾だけでなく、
前後距離も計測。

その巾、距離に合わせて吊り天秤を作成します。

使った鋼材は同じく100×50のC鋼。
これにM16のアイナットを上下に寸切りボルトで固定して、
鋼材と鋼材の取り付けには同じくM16のボルトナット(ナットは鋼材に溶接固定)
で分解可能に。

吊る時は、
当然いくらジャッキポイントが安定しているとはいえ、
重心は車両によって違うので、
片側(RX-8は後ろ側の方がやりやすかった)をレバーブロックで
吊り帯の長さ調整を行って吊ります。

車体重量と、ジャッキポイントの巾、前後距離。
車体巾が分かれば作成可能です。

吊るとこんな感じ。

Kimg0661_2

最後に④ですが、
これはちと荷台に加工を入れました。

うちのユニック車には、荷台内に荷締め用のフックがあり、
そのフックはデッキ下部の根太にボルトで留まっていたのだが・・・

ちょうどこの根太が傷んでしまっていたので、
荷台を修理する必要が生じていたので、そのついでに改造加工を。

Kimg0380
荷台修理中の画像。
この角材(アピトン材)自体に荷重がかかって
品物はトラックに乗るわけですが、

ここにフックが締結されていた事を利用。

フックの代わりに、C鋼(75×40)をデッキ上にボルトで根太と締結します。

Kimg0381
このC鋼に牽引フックをかけるアイボルトを施工。
さらに、ただアイボルトで牽引フックを引っ張ってもだめなので、
車止め(取り外し可能なもの)を制作します。

Kimg0476
こんな要領で。

おいらの相棒はちと車高が高いので、75ミリのアングルで充分と判断。
それにC鋼を溶接処理して、丁寧にタイヤと当たる部分は板ゴムを貼ってます。

実際、作成して何気につかえているこれ。

すでに鈴鹿の往復
大佐宅の往復

に使ってますが、全く問題なし。

一つ今後の改良点としては、リアタイヤを締めるフックがリアタイヤと近いため
(これはもともとユニック車に付いている荷締めフックの位置の問題)
ゆくゆく荷台全体を補修する際にフック位置を変更して対処しようと思ってます。

もちろんSUGOもこれで行く予定。
うちのユニック車はフルキャブ(運転席後部に寝室スペースがあるタイプ)
なので実は高速のPAなどで車中泊も可能なのでそのあたりも経費的に助かります(笑)

釣り天秤と、ステーはいずれNDロードスターも吊れるように追加工を考えてます。
もちろんパーティーレースサポート用。

|

« トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(最終話) | トップページ | 「れじ号救出」という建前の、新東名走破の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127504/64704042

この記事へのトラックバック一覧です: 自作型積載車の作り方:

« トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(最終話) | トップページ | 「れじ号救出」という建前の、新東名走破の旅 »