« トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(その5) | トップページ | 自作型積載車の作り方 »

2016/03/25

トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(最終話)

さて、落胆して帰宅し、
一つ不審に思っているものを明日確認しようとして眠りについたものの・・・
やっぱり気になってろくに眠れず朝になる・・・。

3/21

この日はユニックでガレージに行くことを断念し、
アテンザで9:00到着。

まず、確かめたいのは、
フロントプーリー近傍に付いている、
クランク角センサー。

このセンサーが死んでいると、エキセンが回転していない、
と判断して火花が飛ばない、ということで、ストックのセンサーと交換してプラグチェック。

が、やっぱり火花は飛ばない・・・。

ここまでだめだと・・・後はハーネス(電線)がどこか断線してるか、
はたまた、イグニッションコイルがだめか、
プラグコードが全部だめか・・・。
もしくはヒューズ・・・?

ハーネスの全取り換えは重作業なので最後の最後の手段。
コイル、プラグコードはストックがあるので交換してチェックは可能。
が・・・ヒューズがない・・・。

ということで再びリアルテックに向かい、
一時ヒューズとリレー関係を借りる事に。

リアルテックに到着し、
ちと話をもう少ししてみると・・・
CPUのカプラーはどうなんだ?って話が・・・。

まぁもちろんカプラーはしっかりはめたはずだけど、
おいらとしては、CPUにしっかり刺さっていなければセルすら回らないだろう、
と思っていたんだけど、どうやら濱口さんの話を聞くとセルは回ってしまうらしい・・・。

急ぎ戻って、
まずコイルを交換する前にCPU周りを見てみるか・・・。
と、ボンネット内のCPUカバーを外してカプラーをチェック。

CPU側は問題なし・・・。
で・・・その下のカプラーを見てみた・・・。

Kimg0635
一本断線してる・・・。

しかも・・・明らかに銅線がくすんだ色なので、ずーっと昔に断線してた模様・・・。

これじゃねーのか・・・?原因は・・・。

幸い、ハーネスはストックがあるので、カプラー自体もあるわけで、
配線の色を確認して、同じかどうかを確認の上、カプラーごと交換してみよう。
ということになった。

ホームセンターに行き、熱収縮チューブを購入して戻り、
気を落ち着かせるために飯を食い、復旧開始。
ちと余裕を持たせるために少し長めに配線した。

Kimg0636
復旧完了。
ここから一度、CPUを復旧し、
プラグの点火テストをしてみると・・・。

やった!!
やっとプラグが火花を散らした!!

(ちなみにおいら・・・軽く感電しちまった 笑)

これで原因究明はOK。
あとは復旧すれば、火は入るはず!!

エアクリまで復旧し、再びセルを回す・・・。

が・・・今度はセルモーターが弱く
(大佐号のセルモーターは初期型なので回転が弱いのだ)
バッテリーも若干ひ弱のため、力が出ない。

そしてさらに・・・
火花を散らさず、混合ガスを燃焼室内に吹きまくっていたわけなので・・・
当然プラグかぶりの状態になってる・・。

前日、リーダーからの提案で、
リアルテックに在庫のあった中古の対策済みセルモーターを借りてきていたので、
そちらに交換。
その間、プラグももう一度外して乾かし、再度復旧。

アテンザとブースターをつなげて、再チャレンジ。

1回目・・・失敗。

2回目・・・デチョーク
(アクセル全開状態でセルを回すとREはガスの供給をストップするのだ)
で少し燃焼室内を乾かす。

3回目・・・軽く点火はするも・・・かぶっているためそのままストール。

もともとRX-8はカブった時、点火した直後のアクセルワークに少しコツがいるので、
火が入ったと思っても気を抜けないのです・・・。

と、ここまで大佐がイグニッションを回してたのだが
(当然火入れはオーナーである大佐にやってもらいたかった)
カブってしまっているなら仕方ない・・・
とおいらに交代してもらう。

その後、デチョークと始動を繰りかす事3分ほど・・・。

ついにその時は訪れた。

カブっていたので大量の白煙をガレージ内にこもらせながら(笑)
ついにR大佐号が復活したのである。

大佐と手を合わせ、今までの苦労、トラブルもすべて吹き飛ぶくらいうれしかったですわ。

おいらの相棒の時は新品のEg。
今回は、動作保障とかあるとしても中古品。
それなりに不安も、中古ならではの注意点も当然必要で、
そういう意味でも新品とは比べ物にならないくらい気を使う作業でした。

これを完遂できた事は大佐が思うよりうれしい事でありました。

喜びもつかの間、そのまま油脂類のリークなどをチェックし、
バンパー、アンダーカバーを取り付け、いよいよガレージから出庫。

ここで記念撮影を撮ってもらいました。

Point_blur_20160321_213603
その後、大佐はエイトで帰宅。
無事、帰宅の報も受け、おいらも久しぶりに旨い酒を飲めました。

3/23

いよいよ最後のミッション。
おいらの相棒を迎えに行く日。
これで今回のミッションは終了です。

3:00に自宅を出て、
4:15にユニック車で再出発。
6:30頃大佐宅到着。(平日だったため、大佐の出勤前を利用しました)

Kimg0655
ちょうど大佐のEgブローから2ヵ月。
その間、鈴鹿もエントリーしたりしたけど、
正直お前の相手、全然してやらなかったな・・・相棒・・・。ごめんな・・・。
待たせたな・・・さぁ・・・帰ろう。

そしてようやく相棒は元のガレージに到着。

Kimg0661

Kimg0662

Kimg0665
お帰り、相棒。
しばらく休みたいかもだけど・・・

また、すぐSUGOが待ってるから、また迎えに来るよ。

正直、今回の作業、これほど辛く、トラブル続き、
当初の予定の2倍以上の時間がかかってしまうとは考えておらず・・・。
日に日に気が気でなかったけど・・・。

終えてみれば、これほど楽しい時間もなかったのも事実。

正直、ガレージの主である相棒には悪いけど、
今後も正直RX-8はどんどんくたびれた車両が増えてきてしまうはず・・・。
そんな時、今回と同じような事をもしまた頼まれたりしたら・・・。

まぁ・・・また・・・やっちゃうんだろうなぁ・・・(笑)
相棒・・・その時はごめんな(笑)

|

« トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(その5) | トップページ | 自作型積載車の作り方 »

コメント

初めて拝見しました。
お疲れ様でした!

投稿: shin132 | 2016/03/28 23:49

こちらこそ!
菅生でもよろしくです!

投稿: 緑の彗星(?) | 2016/03/29 08:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127504/64635288

この記事へのトラックバック一覧です: トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(最終話):

« トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(その5) | トップページ | 自作型積載車の作り方 »