« トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(その4) | トップページ | トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(最終話) »

2016/03/25

トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(その5)

フライホイールが外れず、
ちと先行きに不安を感じながら帰宅し…。

自宅で試案して、
お手製の工具で、四苦八苦してフライホイールを外すのもナンセンス
(時間の無駄であり、作業進行の遅れとなる)
と考え、ライーザさんと連絡を取り、デンドロさんに、
マツダ純正のプーラーを借りることを決意。

その他、平日に合間を縫って、なんとか予定通りに作業を終えられるように段取りして週末を迎えます。

3/19

8:00に到着。
雨が降っているため、ガレージの荷物を外に出すのも制限されて、
狭く、環境も限られているなかで作業開始。

1458819222095
借りてきたプーラー効果で
フライホイールは一発で分離完了。

これ、やっぱりいい。
おいら・・・あんまり使うことないのは当たり前だけど・・・
買っちゃうかも(笑)

その後も午前中に
フライホイール交換
クラッチ取り付け
プーリーロックボルト取り付け(フライホイールを外そうと試行錯誤のうちに緩んでしまった)
インマニ取り付け
イグニッションコイルの交換

と、ここまでを午前中に終わらす。

そんな途中にもこの日はさわじぃさんのNDシェイクダウンがあったため、
合間を縫って、タイヤ交換をガレージで行ったりもしてます。
ま・・・タイヤ交換程度なら5分もあれば楽勝なので逆に休憩時間程度の扱いです(笑)

補機類の取り付けを終え、
大佐は今回仕入れたエアクリーナーを交換するためフロントバンパーを外し、
昼飯を食べて・・・

さて・・・いよいよエンジン搭載の時間です。

1458819220396
再度、復活の呪文を唱えるR大佐。

この呪文が間違えているのかどうかは後日明らかに・・・。

昨年、おいらが相棒のEgを乗せたときも
実はちょうど同じくらいの時期。

しかも、去年も午前中は雨、昼から雨が上がったのは記憶している。

作業としてはEgを乗せて、そのままミッション~PPF(パワープラントフレーム)
まで組んで作業を終わらせたい、ってのが実情。
なぜなら、RX-8はミッションとEgが、Egマウントでしかボディに接合されてなく、
デフとミッションをつないでいるPPFが取りついて、
初めてEg、ミッション、デフが安定してボディに取りついた状態になるため、
その途中で作業をやめてしまうと、ジャッキで受けた状態で翌日まで保管となるので、
精神衛生上よろしくないのです・・・。

で、話戻って、昨年も、同じ時間に作業を始めて、
PPFまでついたのが19:00回ってた状態。

今回もそれくらい時間かかるのは覚悟の上で、
でも、今日中にそこまでは終わらせておかないとスケジュール的にきつい・・・。

なので、14:00頃からEg搭載作業開始。

本来、RX-8は下からEgを乗せるので、
宙吊りで上から降ろして、Egマウントをつける、って作業はなかなか困難な作業。

ましてや、エアコンコンプレッサーも狭い空間で無理やり下に落としてあるのを
Egの上側にあげたり・・・ヒーターホースも途中で取り付けしないと後々大変になる、

などの
「RX-8上からEg搭載ノウハウ」
は正直前回苦労したのでよくわかっている・・・

が・・・やっぱりそれでも本来の載せ方ではないので、四苦八苦しながら
ようやくエキマニ含めてマウントにEgが取りついたのが17:00近く・・・。

やっぱり結構この作業かかる・・・。
しかも・・・午前が雨で、午後から気温上がって晴れてきたもんだから
これから先は車体下に潜り込んで作業なのに・・・
床が結露で湿ってしまっている・・・。

ミッションを突っ込む前に、さわじぃさんが走行からもどってきたので
休憩がてらタイヤを交換して・・・
それからミッション、PPFを取り付け終えたら、

やっぱり19:00・・・(昨年と大して変わらん)
1458821659595
夜まで作業をこなして、
ひとまず片付け(というより外にでてる荷物をガレージ内に突っ込んで)
この日は終了。

夜のガレージの画像・・・なかなか好きですおいら(笑)

おいらは翌日も朝から作業なので、
この日は実家(千葉県松戸)に宿泊して翌日を迎えました。

3/20

この日は予定では火入れする日。

作業工程としては実に順調で、
そのままミス、トラブルなければ夕方にはイグニッションを回せる進行状況。

順調に復旧作業をこなし、
下回りも復旧、
後はバンパーとアンダーカバーのみ、
という状況でいよいよ火入れの時を迎えます。

1458860268068
LED君フィリップさんなど、ギャラリーもいる中、
いよいよセルを回し始めます。

が・・・、超軽量バッテリーなので、何度もクランキングに耐えられない・・・。
仕方ないので、アテンザとブースターつないでしばらく挑戦・・・。

が・・・かからない・・・
なんかおかしい・・・。

プラグを外してみると、ドロドロのびしょぬれ状態・・・。
ただ、カブってるだけかと思ってたんだが・・・。どうも様子が違う・・・。

そんなこんなしてるうちにリーダーもガレージに登場するも、全くかかる様子がない・・・。

復活の呪文を間違えたのか・・・。

しかしそんな冗談は言ってられない・・・。
原因を探るべく、プラグが発火してるかを確認してみる・・・。
が・・・

プラグが火花散らしてないのョ・・・
どのプラグ試してもだめ・・・。

イグニッションコイル・・?
いや・・・これも4つあるものすべて独立してるし・・・。

この日は17:00までいろいろ試してみるも断念。
本来は、翌日にユニックで相棒を大佐宅へ引き取りに行き、そのままガレージで大佐号を引き渡す予定だったのだが、予定変更せざるを得ず・・・。
翌日、何としても火だけは入れよう。と協議。

ガレージ周りを片づけ、原因を相談にリアルテックへ・・・。
営業時間外だというのにすんませんでした・・・。(汗)

いろいろ話をして、ひとつ原因っぽいものを教えてもらい・・・。
作業着がドロドロだったので、何としても明日は着替えなきゃ、と思い、
無理やり22:00過ぎに帰宅・・・。

正直、夕方、火が入らない状況になり、
この連日の重整備作業(ほとんど力仕事)の疲労度から
不機嫌さを隠せないくらい心身共に疲弊していて・・・。

気持ち切り換えるのに必死でした(笑)
この晩のウイスキーは妙に苦かったぜ・・・。

|

« トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(その4) | トップページ | トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(最終話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127504/64624606

この記事へのトラックバック一覧です: トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(その5):

« トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(その4) | トップページ | トラブル続出のR大佐号エンジン換装作業(最終話) »