« 自作型積載車の作り方 | トップページ | エイトリアンカップSUGO2ndにていろんな意味で撃沈・・・(R大佐編) »

2016/04/05

「れじ号救出」という建前の、新東名走破の旅

Image5
すでに1か月以上前の話(笑)

2/12開催のエイトリアンカップ鈴鹿1stにて、RTEのれじ号が
水漏れでほとんど周回できず終了してしまい・・・

当日もどうやってレッカーサービス等使って鈴鹿から関東まで持って帰ってくるか
悩んでいたわけですが・・・。

ふとそんな時においらの頭をよぎったのが・・・
「そうだ・・・明日(2/13)に新東名が浜松~豊田まで開通するんだ・・・」
という事。

れじさんも自分で持って帰ってくるのも大変だろうし、
おいらが後日積載車を運転してあげればおいらも新東名走れるしいいんでは?
と思い、れじさんに進言、当日はれじ号は鈴鹿において帰宅となり・・・。

翌週2/21(日)念願の新東名高速走破を達成してきました。
すでに開通から現時点では1カ月以上経過してますが・・・
新線のレポートと参りましょう。

前日にオリックスレンタカー明治通り王子店にて積載車を預かり、
(今回はユニック作戦は使いませんでした。)

当日は5:30に横浜南部でれじさんと合流。
そのまま飲み物類を購入して出発。

れじさんにはあらかじめ伝えてあったのですが・・・
今後おいらと遠出同行を予定する方はご注意ください。

おいら・・・車で遠出する時・・・
ほとんど休みを取りません(笑)

だいたい5H連続運転はざら。
最長では・・・鳥取からノンストップで帰ってきてしまったり・・・・

ほかにも横浜から熊本まで休憩3回(すべて20分くらい)で到着・・・とか・・・。

このペース・・・同乗者がいても変わらないので、
「ホントに疲れたり、体痛くなったりしたら言ってね・・・?」
と、同乗者にあらかじめお願いしておかないとおそらくつらーい旅路となってしまうのです・・・。

今回も同様。

まぁ・・・基本名古屋くらいは近所、って感覚なので、
朝出れば日帰りで充分でしょ。って感じで出発。

いつも通りに東名~新東名に入り。
いよいよ浜松いなさJCTに。

Image1

Image2
仕事柄、遠くの出張もたまにあり、
現場仕事系なので、機材も持っていかないと、ということで
おいら、基本出張は車。

なので、新線が開通すると下見兼ねてなるべく試走するようにしてるのですが、
何といっても今回は開通からわずか1週間。
これほどうれしいことはありません(笑)

途中のSAとかPAもチェックすべきなんでしょうが・・・。
さすがにそれは混んでるだろうと今回は断念
(そもそもおいら・・・東名のSAとかってあんまり停まって休む必要性を感じない・・・)

道の感覚としては、
御殿場~浜松までの2~3車線の複合路線と異なり、
最初から2車線限定で作った感じの道。
後ほど3車線化は無理だろうなぁ・・・って作りですが・・・。

さすがに車線巾は広いので、そこそこ走りやすい。
ただ・・・高台の山を切り開いて通しているので、
横風はかなり影響を受けます。
(前日が爆弾低気圧クラスが中部~関東を通過していたのでかなり風は強かった)

Image3
途中、こんなA橋脚の橋も渡り、
通常の浜松~豊田よりも感覚的には10分くらい早いかな・・・?って感じで
伊勢湾岸道へ到着。

その間当然ノンストップ。

結局鈴鹿に到着したのは11:00。
だいたい5:45くらいに横浜を出たので、
5時間ちょい。
伊勢湾岸道~鈴鹿までが約1Hと考えて、
積載車でも4H位で豊田まで出れるわけですな。

これは便利。
さらに言えば・・・今回はおいらのお財布でなくれじさんのお財布に便乗して
試走できたので(れじさんありがとう!)これほど楽しい事はありませんでしたわ・・・。

1459825769844
一応今回の本題である、れじ号を救出して鈴鹿は早々に退却。
賞味30分くらいしかいなかった(笑)

帰りはさすがに飯を食おう、ということで途中浜松SAにより、
餃子定食をいただき・・・そのまま帰路、リアルテックへ向かいます。

帰りの所要時間もだいたい見ておきたかったのですが、
残念ながら、大和トンネルで事故があったらしく・・・
厚木の手前から事故渋滞に・・・。

リアルテックは下妻(茨城)
と・・・ここで普段は使わない(使いようがなかなかない)
圏央道を使ってみてはどうだろう・・・?とれじさんと相談して決定。

厚木から圏央道へ向かい、下妻を目指します。
これまた新ルートを試走できるのでおいらにとってはありがたいお話(笑)。

境古河まで圏央道もつながったので、そのまま向かい、
境古河到着が18:30くらい。

そこから30分くらい走ってリアルテックに到着が19:00過ぎでした。
あ・・・もちろん浜松からノンストップです。

ちなみに、圏央道。
ここは走りやすいし、実は筑波からも近い。

この前の週、エイトリアンカップにはおいら・・・ガレージから首都高を経由して鈴鹿に向かったのだが・・・。
次回以降西へ行く事があるなら、このルートで間違いないな・・・と確信しました。
みんな筑波サーキットから境古河までは少し狭い道だ、とはいうのですが・・・
おいらとしては、まったく問題ない道幅でした。(4tでも大丈夫っぽい)

その後、リアルテックから再び都内に積載車を返却し、
ミッション(新東名および圏央道の試走)(れじ号の救出)は完了。

れじさんには今回甘えて飯やら晩酌やらお世話になっちまいました。
ありがとうでした!

ということですでにレポートとしては遅いであろう新東名のレポート。
どんどん高速事情はよくなって、遠出は楽になりますな。

|

« 自作型積載車の作り方 | トップページ | エイトリアンカップSUGO2ndにていろんな意味で撃沈・・・(R大佐編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127504/64821236

この記事へのトラックバック一覧です: 「れじ号救出」という建前の、新東名走破の旅:

« 自作型積載車の作り方 | トップページ | エイトリアンカップSUGO2ndにていろんな意味で撃沈・・・(R大佐編) »