« エイトリアンカップSUGO2ndにていろんな意味で撃沈・・・(相棒偏) | トップページ | 怒涛のGWクルマ三昧日記(大佐号Eg降ろし編) »

2016/05/09

怒涛のGWクルマ三昧日記(筑千勉強会編)

2016年のGWはまさに
「クルマ漬け」
の日々でした。

5/3~5/8までほぼ毎日なにかしらクルマ扱ってた(笑)
実際の走行はほぼなかったんだけど・・・。

GW内の車両整備項目は・・・。
①ソニハチ号リアサスのスプリング交換)
②kero号の足回り交換(社外品~純正足)
③大佐号のオイル漏れEg降ろし
④大佐号の新Eg搭載

と・・・相棒の作業は全くなかったものの、盛りだくさんの内容でした(笑)

GWの前半は仕事があったため、
そちらに注力し、

いよいよ5/3
RTE主催の、「筑千勉強会GW」からおいらのクルマ生活がスタートしました。

すでに5回目となる開催。

TCR japanの加藤氏を講師に迎え、
AMは座学、PMに走行。

PMの走行は、TC1000ならではの、講師同乗走行、
参加者同士の同乗走行なども可能。

事前申し込み者には最後に「マイスター選手権」と銘打ち、
コース内を1台のみ1周限りの走行で、タイムを競うという
「スーパーラップ」も開催。

と、なかなか豊富なスケジュールなわけだが。

まぁ・・・おいらは相棒が故障中のため走行は無理・・・。

普通にスタッフとして参加でしたが・・・。

まず朝イチにやった事はソニハチ号
リアサスペンションのスプリング交換・・・。
(GW作業1項目目)

Cリング式と違い、スプリングコンプレッサーが必要なかったので
作業自体は1H程度で完了。

その後、座学がコントロールタワー2Fで始まったのだが、
おいらはスタッフのため受付で待機。

(実はおいら・・・勉強会はすべて来ているのだが、座学を受けれた事がない・・)

Kimg0821_2
しかしあれよね・・・。
やっぱりコース眺めてると・・・タイムはどうでもいいとして・・・
走りたくなっちゃうよね・・・。

午後になって走行が開始となると、
誘導、同乗走行の車両把握、と、相変わらずなかなかの忙しさなのだが、
1Hもしてくると参加者自体がスケジュールに慣れ始めてくるので、
一息つけるタイミングを探す。

Kimg0822
実は、「ほかの車両のフィールも確かめてみれば?」
というご厚意でほんの少しだが、コイツをドライブするチャンスを与えられたのである(笑)

ご厚意に甘えてコースイン。

最初の印象としては、まず何気に高回転域のパワー感がある、って感じ。
これ・・・久しぶりだからなのかもだけど・・・。
なんか相棒は排気系が全くのフルノーマルなので・・・そのあたりもあるのかな・・・?

次に感じた事は、相棒に比べると非常にノーズの入りがいい。

相棒の足回りはワンオフなのだが、実は少々アンダーが強い傾向。
そして、ダンパーのストロークの関係で、実はあまり車高を落とすことができない。
という実はふた昔も前の足なのだ。

おかげで相棒・・・細かいコーナーの続くショートサーキットは実は走りづらい(涙)

コイツももちろん足としては古い部類なのだが、
調整代が多いうえ、オーナーの意向で弱オーバー気味のセットになっている模様。

TC1000のような細かいヘアピンなど、非常に初期の旋回が楽で、
(あぁ・・・こういうセットだと楽だなぁ・・)

とアウトラップともう一周くらいしかできないだろうと(チェッカーのタイミングで)
最終コーナーの立ち上がりで踏み始めると

リアがスライドを始めてしまい・・・フラフラとタコ踊り状態に(汗

「あ・・・そうかDSCもオフだし、デフも機械式入ってるのね・・・」

借り物でいきなりクラッシュするわけにもいかないので
なんとか修正して次の1周も
ノーズの入り、機械式デフの立ち上がりの癖を感じつつ走行して2周で終了。

これはこれでかなりいろいろ収穫があったかも。

その後もエイトリアン氏ドライブのソニハチ号の助手席に乗りラインの勉強などもでき、
(おいら、TC1000はいまだラインがわからない程度にしか走行していない)
座学を受けられなかったとしても収穫のある走行会となりましたわい。

Kimg0824
マイスター選手権のひとコマ。
サーキット一人旅は気兼ねなく攻め込めるからいいよね。
次回は相棒万全にして走らなくては・・・

走行終了後、kero号の足回りを、OHのために一時純正に戻す、
ということでそちらの作業を少々てこずりながら終了
(GW作業2項目目)

機材撤収後、コース内での弁当歓談タイムもそこそこに終了。
(keroちん・・・飯食う時間減らしちゃってごめんね)
ガレージにて片づけを行い
翌日からの作業のための準備を行う。

Received_230404443995386

R大佐号のEg換装のための準備。
翌朝は雨予報だったため、夜遅くなったとしても、
前日中にジャッキアップしておこう、ということでガレージで19:30くらいまで作業してこの日は終了。

いよいよ明日からは1ヶ月半振りのEg乗せ換え作業スタートです。
(あまりにスパンが早すぎる・・・)

続きは後日。

|

« エイトリアンカップSUGO2ndにていろんな意味で撃沈・・・(相棒偏) | トップページ | 怒涛のGWクルマ三昧日記(大佐号Eg降ろし編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127504/65393891

この記事へのトラックバック一覧です: 怒涛のGWクルマ三昧日記(筑千勉強会編):

« エイトリアンカップSUGO2ndにていろんな意味で撃沈・・・(相棒偏) | トップページ | 怒涛のGWクルマ三昧日記(大佐号Eg降ろし編) »